クランクインより引用
『今際の国のアリス』キャラクターアート(C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT

作品解説

監督 佐藤信介
脚本 渡部辰城 倉光泰子 佐藤信介
原作 今際の国のアリス:麻生羽呂
公開 2020年12月10日
全8話

あらすじ

渋谷の雑踏の中に居たはずの有栖ら3人は突如、無人の渋谷へと転移してしまった。
そこは今際の国と呼ばれる世界で3人は明かりのある方へと向かい、偶然なにもしらずに命を懸けたゲームに参加してしまった。そこで知り合った紫吹と供に最初のゲームをクリアし生き残った。しかし今際の国ではゲームをクリアしてビザを手に入れないと死んでしまうという非常なルールを知った…

キャスト

  • 有栖良平 山﨑賢人
  • 宇佐木柚葉 土屋太鳳
  • 苣屋駿太郎 村上虹郎
  • 勢川張太 森永悠希
  • 苅部大吉 町田啓太
  • 紫吹小織  水崎綾女
  • 粟国杜園 青柳翔

感想 解説 見どころ

一話のラストではビザが切れれば謎のレーザーに撃ち抜かれ死んでしまうというルールが示され、この生死をかけたゲームを続けなければならないと知った良平達と、ビルの上で無数にレーザーが降り注ぐ街を見る謎の女性、という所で終わりました。

第一話の記事はこちら↓

今回はそちらの続き、第二話を感想・解説を行っていきたいと思います!

この世界はどうなってる?

食料や移動手段を探すため良平らは街を散策しますが、どうやら車は動かないし、生鮮食品などはしばらく時間が経ったがごとく腐っていました。

それらの状況とこの世界に来た時間が違う所から彼らは、この世界は時間の経ち方が違うのではないかと考えます。またタイムスリップ説や大規模なVR体験など様々考えますがどれも確証に至ることはありませんでした。

ちなみにこのシーンで紫吹がここにきて初めて行ったゲームは地下鉄で毒ガスを使ったゲームと言っています。

これは原作ではしっかり描写されていて、詳しく解説すると、
4両編成の地下鉄でそのうち1両だけ毒ガスが充満しています。残りの3両は何もない安全な車両です。
プレイヤーは3つのガスマスクを受け取り無事最後までたどり着ければクリア。といったゲームです。
つまりガスが充満しているかしていないかを賭けにでて1度だけガスマスクなしで通過しなければいけないというゲームですね。

原作の紫吹は生き死にの選択の恐怖の為、生きることを諦めた事により一人だけ生き残る事ができました。実写版では他のメンバーをおとりにした的な事を言われてましたが、原作の描写を見ると1人だけでたまたま生き残っただけですね。

次のゲームは命をかけた「おにごっこ」

最初の生か死かのゲームで負傷した張太はゲーム参加は難しいし、苅部によるとなるべくゲームに慣れた方が感覚も研ぎ澄まされて、経験を積む事でケガを抱えた張太を救えると言い、次のゲームは有栖と苅部だけ参加する事を決めます。紫吹は張太の看病の為残りますが…

そのような事情で次のゲームに参加した二人に待ち構えているのは「おにごっこ」という内容のゲームです。

場所は市営団地のような建物が会場で制限時間は20分。正解の部屋以外全ての部屋には鍵がかかっています。正解の部屋を見つけ、ボタンを押すことができればクリア。部屋を見つける前に殺人鬼である「おに」がマシンガンを装備して命を狙ってくるのでそれを回避しなければなりません。

このゲームは原作にもあったゲームですね。
内容や展開もほぼ同じですが、ある重要キャラが原作よりも早いタイミングで登場していますね。

後のビーチ編で出てくるはずの粟国(アグニ)が登場しています。
原作でのマッチョ男ポジで出てきますが、死なずに無事ゲームをクリアしていました。

原作だと「おに」を倒そうとしたマッチョ男はマシンガンに撃たれて死んでしまってますので、この辺はドラマオリジナルですね。

有栖は持ち味の優れた洞察力で「おに」に不自然な銃撃の仕方から正解の部屋を見つけ出します。現時点では謎の男、苣屋もそれに気づき2人で正解の部屋に入っていきます。
しかし「おに」は実は2人いたみたいで待ち伏せに会い、危ないところでしたが苣屋が持っていたスタンガンによりなんとか難を逃れます。

安心したのもつかの間、「おに」が復活して苣屋と分断されてしまいます…

そして運が悪い事にクリア条件のボタンが2つあり、同時に押さないとクリアできない仕様になっていました。「誰か来てくれ!!」と叫ぶ有栖。苅部も苣屋も動けないまま。

絶体絶命の中、宇佐木がアクロバティックな感じで助けに入ります!
苣屋のスタンガンで隙をついてまた倒し、宇佐木と共に有栖があと一秒とギリギリの所でボタンを同時に押してクリアしました!

クリアし喜んでいるところに「おに」が起き上がるのですが、覆面の下には普通のおばちゃん。
そしてレーザーによって頭を撃ち抜かれ死亡します。

恐らくこの「おに」もプレイヤーと同じように皆殺しを達成できなければ死のペナルティがあったのでしょう。

ますます謎が深まるゲームとその黒幕。

そして最後に謎の無線。

「我々は答えを発見した… ビーチに帰還せよ…」

とまた謎を残し第二話終了…

最後に

ドラマ版が一本1時間くらいで全8話なのでかなりテンポがいいですね。
結構原作と違っている所も多いので今回みたいに見比べてみるといいかも。
原作はこちら↓

原作は全部読みましたが、もしかして最後は原作と違う終わり方を迎えるかもしれません…

とりあえず続きが楽しみですね!

第三話はこちら!↓