クランクインより引用
『今際の国のアリス』キャラクターアート(C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT

作品解説

監督 佐藤信介
脚本 渡部辰城 倉光泰子 佐藤信介
原作 今際の国のアリス:麻生羽呂
公開 2020年12月10日
全8話

あらすじ

「おにごっこ」を辛くもクリアした有栖と苅部。束の間の休息、しかし張太と紫吹のビザが間もなく切れようとしていた。謎の無線メッセージ、ビーチを探すのに必要な張太と紫吹のビザ取得の為、4人は新たなゲームに参加する事に…。そのゲームは今までのゲームよりも多くの犠牲が必要だった…

キャスト

  • 有栖良平 山﨑賢人
  • 宇佐木柚葉 土屋太鳳
  • 勢川張太 森永悠希
  • 苅部大吉 町田啓太
  • 紫吹小織  水崎綾女

感想 解説 見どころ

早速前回に引き続き今際の国のアリス、第3話をネタバレ解説していきたいと思います!
原作との細かな違いなど解説していこうと思いますのでどうかお付き合いください!

前回の第2話の記事はこちら↓

謎の無線メッセージ、「ビーチ」の存在

なんとか「おにごっこ」をクリアした有栖と苅部。良太は「おに」の死を目の当たりにし、自分が殺してしまったのと一緒ではないかと自責の念に駆られます。

そんな中、無線のメッセージ、「ビーチ」について探索に出るかの話し合いが始まります。

「ビーチ」からの情報によると「我々は答えを知っている…」との事だったので苅部は前向きに捉え、湘南や熱海などの海辺へと向かおうと提案するのですが、張太と紫吹のビザは残り1日。

しかも張太は足を負傷している為長距離の移動は難しそう。

その為4人はまず、張太と紫吹のビザ延長の為新たにゲームに挑戦する事を決めました。

張太と紫吹。良太と苅部、それぞれの思い。

張太は自分のビザが後1日という事で非常にナーバスになっていました。
また足の負傷によりみんなのお荷物になるのではと心配している様子。
紫吹も過去の出来事から絶対生きて帰ると決意を秘めてます。

張太と紫吹が関係を持つのは原作でも同じですね。
ただ紫吹が出世の為、上司に身体を売る描写は実写版だけの描写です。
より生き残りたいという気持ちを表すためでしょう。

良太は前回のゲームでゲームに勝つことで他人の命を奪ってしまった事でショックを受けていましたが、やはり自分は生きていたいと結論を出します。

苅部は第一話に出てきた店長の彼女にプレゼントする予定だったと思われる指輪を取りに行きました。軽い気持ちでいちゃついていたわけではなかったんですね。
思いっきり人の彼女ですがなんか純愛っぽい雰囲気出してますね笑。
この描写は原作にはありません。

そもそもバーの店長は自分だし女性店員も出てきません。
また性格的にももっと硬派な印象。人の女に手を出したり職場でいちゃついたりしなさそうなキャラでした。

♡7「かくれんぼ」、仲間の絆を引き裂くエグいゲーム。

ついにビザが切れる最終日、辿り着いたゲーム会場。場所は植物園。

そこには鉈やハンマー、のこぎりなどの物騒なものと謎のゴーグルが置かれてました。

エントリーが終わるとゲームの難易度が発表。難易度は♡の7
裏切りのゲームという一番最悪なものに当たってしまった4人。

ルールはかくれんぼにのっとり狼一人と羊三人で行います。
羊は狼に見つかると、狼だった人が羊になり、羊は狼に変わってしまいます。
見つけるにはゴーグルごしに目を合わせる事によって人物が認識され狼と羊が入れ替わります。

そしてクリア条件は最後に狼だったものが生き残る。そしてその狼以外の羊たちはゲームオーバーになる最悪のゲームでした。

本来狼から羊が隠れる、見つかった羊がゲームオーバーになるのがかくれんぼですが、今回のルールは矛盾しています。

それぞれの葛藤。最後に生き残るのは?

制限時間は15分。最初の狼は張太でしたが、紫吹の機転で紫吹が狼になり、逃げだしてしまいます。
それを追う苅部と張太。

先に追い付いた苅部が紫吹と揉み合いになり、苅部が一時狼になりましたが、そのすぐあとに偶然、目を合わせた有栖が狼になってしまいます。

なんとか協力して解決できないか訴える有栖でしたが、これは♡のゲーム、裏切りのゲームだと紫吹に言われ、つい逃げ出してしまいました。

無線でその状況が分かった張太はひたすら神に祈り続けます。
第一話で宗教にハマってお金を無心してくる母親を疎ましく思っていた張太ですが、いざとなったら神頼みしてしまうんですね…

この宗教ハマりの設定は原作にはなく、それどころか張太の母親は原作に出てきません。
これもキャラを深堀するために付け足した設定でしょう。

追われながらもなんとか解決策を生み出そうと頑張りますが、一人以外全員生き残る方法はありませんでした。

紫吹に追い詰められた有栖ですが、張太が突然現れ紫吹を抑え込みます。

その隙に有栖はまた逃げ出してしまいます。そして苅部はもみ合う紫吹と張太をよそに、鉈を持ち有栖を追います。

なんとか首輪を外そうと、道具を使って試みる有栖でしたが、前回のおにごっこで、最後におにの首輪が爆発して死んでしまった事を思い出し断念します。

苅部は有栖が一人だけ助かろうとしていることを責めたてます。
狼の権利をよこせと有栖に強く訴えかけます。

無線でそのやり取りを聞いていた張太は、仲間たちで醜い争いすることに耐えきれず涙を流し、ついにゲームを放棄する宣言を行います。

それをきっかけに良太や苅部はかつての親友としての思い出を思い出します。
1人だった有栖を支えてくれたのはいつも苅部と張太。
それは他の2人も同じです。

有栖は大事な親友を犠牲にするくらいならと死を選ぶ決断をします。
しかし他の2人もまた仲間を思い、有栖を生き残らせるため身を隠します。

張太と苅部を探す有栖。
皮肉にも狼が羊を探し、羊は息を潜めて隠れる本来のかくれんぼの形になりました…

張太にずっと組み敷かれた紫吹も、無線越しに聞こえる3人のやり取りについに生きる事を諦め、有栖に託す決断をしゲームオーバーを選びます。

結局最後まで有栖は探し続けますが狼の権利を誰にも移すことができず、一人で生き残ってしまいました。
しかも目の前で苅部が死ぬ瞬間を見てしまい絶叫。
第三話にして主要キャラがほぼ全滅した回でした…

最後に

衝撃の第三話ですね。
まさかこのキャストで早々に死ぬとは…といった感想を持つ方が多いではないのでしょうか?

私も原作を読んだことがあるので死ぬとは知っていましたが、実写版のキャストを見て、もしかしたら原作とは違う展開になるかも?と思ったんですが原作通り早めの退場でしたね。

第三話はかなり原作通りに展開したのでこれから先の展開もしっかり原作との違いなどを含めてレビューしていきたいと思います!

原作はこちら!↓

第四話の記事はこちら!↓