クランクインより引用
『今際の国のアリス』キャラクターアート(C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT

作品解説

監督 佐藤信介
脚本 渡部辰城 倉光泰子 佐藤信介
原作 今際の国のアリス:麻生羽呂
公開 2020年12月10日
全8話

あらすじ

突如としてビーチがゲーム会場に。大混乱の中ロビーには萌々花の死体が…
2時間以内に犯人を見つけ出さなければ全員死亡。初めて開催された♡の10のゲーム。
しかし有栖は未だに捕らえられたままだった… 

キャスト

  • 有栖良平 山﨑賢人
  • 宇佐木柚葉 土屋太鳳
  • 苣屋駿太郎 村上虹郎
  • 粟国杜園 青柳翔
  • 安梨鶴奈  三吉彩花
  • 韮木傑  桜田通
  • 水鶏光  朝比奈彩
  • 佐村隆寅  栁俊太郎
  • 九頭龍慧一  阿部力
  • 弾間剛  金子ノブアキ
  • 加納未来  仲里依紗

感想 解説 見どころ

前回はまさかの展開で終わった所でしたね!
前回の記事はこちら↓

まさかビーチがゲーム会場に。しかも難易度は初出の♡の10。
魔女狩りの名にふさわしい残酷な心理戦のゲームですね。

真犯人は誰なのか?囚われた有栖はどうなるのか?
またゲーム外の登場人物の回想など盛り沢山な回です!
是非お楽しみください!

魔女狩り開始!疑心暗鬼の最悪のゲーム

突如として開催されたゲーム。魔女狩りですが、ルールは簡単。
ロビーにて殺された女性、萌々花を誰が殺したかを2時間以内に探り当てて、その犯人を外にある篝火、裁きの炎にくべればクリア。

ビーチにはかなりの人数がおり、全員のアリバイを確認することは不可能。
一体どうやって犯人を見つけるのか?

どこに犯人がいるか分からない為ビーチは大パニック。
しかも同時にボーシヤの死も明かされ更なる混乱を生んでいますね。

萌々花の死とボーシヤの死。どちらも誰が犯人か分からないし、もしくは同一犯かもしれない。

そんな中、粟国率いる武闘派は強硬手段に出ます…

武闘派による大虐殺。死屍累々のビーチ。

誰もアリバイが証明できない中、武闘派のリーダー、粟国は最悪の解決策を思いつきます。

それは武闘派以外の全員をゲームが終わるまでに殺しまくるという作戦です。

ビーチ内で武器などを独占していた武闘派が他の住人を男女見境なく殺しまくります。
ここの虐殺シーンはかなり気合入っていますね。
原作よりも生々しく描写されています。
ネットフリックスらしくお金がかかっているシーンですね!

しかし、それでもなかなか犯人は見つかりません。

一方ボーシヤ一派だった安はナイフに残された指紋から犯人を特定しようとします。
はたして指紋から犯人は見つけられるのか?

韮木の意外な過去、水鶏とラスボスのバトル。それぞれの闘いと過去。

武闘派の韮木は狙撃銃で屋上からビーチの住民を次々と殺していきます。
そこで過去にいじめを受けていた韮木の過去の回想が挟まれます。

一方的強者として弱者を殺戮する自身になにか思う所があったのかもしれません。
回想によるといじめられていたのは高校生くらいですかね?かつては弱者の立場の韮木。

結構ガッツリいじめられていたっぽいですね。(小便お茶漬けとかやられてたっぽい)
その反動で周りに威圧的で残虐な性格に変わってしまったのかもしれません。

苣屋と相対しますが簡単な心理トリックと手作りの隠し武器によってあっさり倒されてしまいます。

一方水鶏はラスボスと一騎打ち。
両者ともかなりの強者の様子。

こちらも水鶏の回想ががはさまります。
実は水鶏は武闘一家の出身。しかも実は男性だったのです!

父親から武闘家として男らしく育てられていましたが、自身の性認識の不一致により家を出る事に。
つまり彼女は生物学上では男性で恐らく性転換手術を受けたトランスジェンダーだったのでした。
これも原作通りなのですが実写版でどうみても過去に男性だったようには見えなかったので、設定がオミットされたのかと思ったらやっぱり男性だったんですね。流石に骨格的に無理じゃないか?

一方ラスボスはかなり異様なその姿ですが、彼の過去はまさかの引きこもり!
彼はこの世界、今際の国に来てから本当の自分を見つけたようです。

命を懸けた冒険家に憧れた引きこもりは、今際の国でやっと真の自分を見つける事ができたのです。
毎日が命がけの今際の国は、彼にとって天国だったのでしょう。
あの入れ墨だらけの異様な姿は、元の世界には戻らない決表表明だったのです。
それにしても元ニートなのになんでこんなに強いんだろ笑。

過去を捨てたラスボスと元の世界に戻る為、再度過去と向き合う水鶏。

壮絶で迫力あるシーンで描かれているので必見です!

未だに囚われたままの有栖。死してもなお繋がる友情。

激しい展開が広がる中、有栖はまだ囚われたままでした。
しかも体力的にも精神的にもすでに限界が近い様子。

いつレーザーで殺されるか分からない恐怖。

一度は生きる事を諦めそうになりますが、死んでいった苅部や張太を思い出す事によって力を振り絞る事ができました。有栖にとって仲間はかけがえのないもの。死んでからも有栖を助けてくれます。

そのおかげで何とか宇佐木に見つけてもらう事ができました。

水鶏が生き残らなけらばならない理由。

以前にも語られた事ですが水鶏には病床にふせっている母親が居ます。

女性となってから母との再会。しかし母親はそんな水鶏を受け止めてくれました。
恐らく薄々は気が付いていたのかもしれません。

彼女はそんな母親を残したまま今際の国へ来てしまったのです。
その為何としてでも帰らなければならない。

過去を捨てたラスボスとは大局的な戦う動機ですね。
その動機の差によって勝負は別れました。
水鶏は過去を受け止めラスボスを倒します。

助けられた有栖。ゲームの内容を知った有栖は…

やっと助けられた有栖でしたが、ゲームの残り時間はあと30分…

絶望的ですね。
ゲームの内容を知った有栖はかくれんぼの時のように、ゲーム内に主催者側が居ると推測します。

普通に考えれば主催者側の裏切り者は安全な武闘派側にいると考えられますが、♡は最悪の心理戦のゲーム。
そう単純ではない事を有栖は身をもって知っているので、現状の武闘派の虐殺では解決できないし、武闘派を倒すという単純な解決方法でもないと言います。

そこで有栖はある事をひらめきます。

魔女側で考えるのではなく、このゲームの主催者側に立って考える事になります。
なぜボーシヤが死んだこのタイミングで始まったのか…
主催者側の悪意とは…

粟国とボーシヤの過去。かつての二人、そして今。

粟国の回想では以前からボーシヤとは仲間だったことが示唆されています。
荒れていた頃からの友達で、粟国は自衛官に、ボーシヤはホストをやめて実家の帽子屋を継ぐことに。

かつての他の仲間は道を踏み外し、残っているのは粟国とボーシヤだけ。

そんな中、今際の国のビーチではお互い対立関係にありました。
その真相は恐らく次の話で明かされるでしょう。

有栖のひらめいた主催者側の意図、そして粟国とボーシヤの過去。

乞うご期待!って感じで第七話は終わります…

最後に

今回もほぼほぼ原作通りの展開ですね。

特に驚く様な展開はありませんが、実写ならではのシーンが多かった印象です。
原作以上のエグいシーンが多かったと思います。

実写版ならではのグロさみたいなのがよくできていました。
相変わらず粟国の迫力の無さは目立ちますが笑。

武闘派による虐殺のシーンなんかはバトルロワイアルを思い出させますね。
あとは悪の教典とか。
日本では真面目に虐殺シーンを撮るものってここ最近ない印象です。
なので逆に新鮮ですね。

結構死に方とか日本ではぼかされる事が多いので。
そこは流石海外資本のネットフリックス!
邦画にはない巨大資本と巧みな表現力。
これからもどんどんエグい描写をお願いします!

ではまた次回!

原作も見たい方はこちら!↓