Amazonより引用

作品情報

作者 有間しのぶ
出版社 小学館
掲載紙 ビックコミックオリジナル増刊号
巻数 全5巻

あらすじ

40歳アラフォーの笛吹新は新卒からずっと務めていた百貨店の売り場から、閑職である倉庫勤務に飛ばされ日々、何もない生活を送っていた。しかし偶然見かけた、募集要項40歳以上のホステス募集のチラシを見て、熟女だけが働く熟女バー「OLD JACK & ROSE」で働き始め、生活が一新されていく…

感想 解説など

今回は有間しのぶ先生の作品、「その女、ジルバ」をご紹介させていただきます!

今作は2011年から2018年の間に連載された作品ですが、何と2021年、1月9日から土曜の「オトナの土ドラ」枠でドラマ化されました!

恥ずかしながら私はドラマを見てからこの作品の存在を知り、すぐに全巻揃えました!

ドラマ化するまでこんな良作を知らなかったとは…

早速レビューしていきたいと思います!

熟女専門バー「OLD JACK & ROSE」40歳でまさかの最年少!?

主人公、笛吹新は40歳独身女性。務めていた花形職場、百貨店の婦人服売り場から年齢とともに遠ざけられ、姥捨て山的な閑職の倉庫勤務に…

老後の不安を抱え鬱々と暮らしていた所、偶然あるアルバイト募集の貼り紙を見つけます。

なんとそれは40歳以上限定、時給2000円でのホステスの募集でした!

今までそんな冒険をしたことがない新でしたが、鬱々として日々に危機感を覚えていた事もあり、高給につられOLD JACK & ROSEに訪れる事に。

そこは50代から80代までの女性が働く熟女専門バーでした。
偶然、電車で席を譲ったご老人、くじらママの計らいで見習いとしてOLD JACK & ROSEで働く事になった新。

そこでは世間ではオバサン扱いされる40歳の新でしたが、OLD JACK & ROSEでは最年少のぴちぴちギャルとして扱われ、外ではお金を払っても難しい、若い娘として扱われることに快感を覚えていきます。

年齢を重ねた熟女たちの濃い~話

熟女バー、OLD JACK & ROSE。
そこで働く熟女たちは、その年齢に見合っただけの人生経験を積んでいます。

新が来る前には最年少だったエリーは若い頃に結婚詐欺にあってしまい、お金持ちの令嬢から一気に家無し子になり、踊り子へと転身。
戦争孤児だったナマコはOLD JACK & ROSEの初代ママ、ジルバに拾われこの店で働く事になったなど、過去話が結構壮絶です。

そんな人生経験豊富な熟女たちの包容力の為か固定ファンがかなりいる模様。

本作ではそんな彼女たちのエピソードが多く語られます。

今は亡きママ その女、ジルバ

そんな熟女バー、OLD JACK & ROSEは一人のブラジル移民の女性、ジルバが新と同い年の40歳の頃に立ち上げたバーでした。

彼女はブラジル移民で戦後日本に帰ってきた出戻り組でした。
ブラジルから日本に引き上げる際、最愛の主人と子供たちを亡くしてしまったジルバ。

裸一貫30代と遅めのスタートからダンサーとしてのし上がり、ついに40歳で自身の店、OLD JACK & ROSEを立ち上げました。

今では亡くなってしまったジルバママでしたが、マスターやホステスから今でも慕われており、ここで働く人はみなジルバママに救われた人達ばかりです。

そんなジルバママに新の見た目が少し似ていたのでした。

ここからネタバレありの為注意!

ジルバの過去とくじらママの過去

普段は優しく、包容力のあるくじらママでしたがその過去はかなり悲惨なものでした。

戦後の混乱に巻き込まれ、ヤクザに愛人として売られ、薬におぼれる日々。
そんな中ジルバママと出会い普通の生活を取り戻したくじらママ。

くじらママの過去の回想は他の人よりも一段と暗く、戦後の暗部を語る黒歴史的な話です。
闇市や花売りなど当時の闇社会の一端を垣間見えるくじらママの過去。

そしてジルバママのブラジル移民間による勝ち組と負け組の争いに巻き込まれた半生。
戦前に入植した日本人ブラジル移民は第二次世界大戦後、日本が勝ったか負けたか、ブラジル内の情報統制の為知りようがありませんでした。
その為、戦争に勝った派(勝ち組)、負けた派(負け組)で争いが起きたのです。
双方とも日本からやってきた詐欺師などの悪い奴らに利用された悲惨な歴史です。

このように物語後半では重い話が続きます。
今作では上のように第二次世界大戦後の日本の闇やブラジル移民問題を大きく取り上げています。

特にジルバママとくじらママの過去編は重いエピソードが多いです。
若くして春を売る様になったくじらママの過去はやるせないエピソードでした。

しかしそんな重い空気さえも吹き飛ばしてくれるような熟女たちが居るお陰で暗くなり過ぎないのが本作の魅力ですね。

そして新の出身地は福島県会津若松市。
2011年の7月から連載開始という事もあり、震災の話題も出てきます。

福島県出身であることによりネットなどでは心無い人達からのバッシングもありますが、立ち直り、復興に向かっていく福島県民の姿も新の友人や弟を通じて描かれており、同じ東北人として胸に来るものもありました。

マスターとジルバママの過去

大方の予想通り、マスターとジルバママは一時期付き合っていたそうです。
しかしジルバママのブラジル移民時代の夫との別れなどが心に残り、ついには一緒になれず別れてしまったとのこと。

しかし一度、若いころのマスターは当時結婚していた奥さんと喧嘩してしまった際、ジルバママに再度俺と一緒になってくれないかと申し出ます。

ジルバママもその申し出に応えたかったのですが、もうマスターには家族がいるため、ジルバママはなくなく断ります。

その時マスターは結婚指輪のかわりに、ジルバママとマスターの名前が入った腕輪を渡します。
しかし残念ながら二人はよりを戻さず友人としてその後を過ごします。

ジルバママの遺言によると、その腕輪とジルバママとマスターが死んだ際の遺品をブラジルの地に埋葬してほしいと願っていたそうです。

その遺言はジルバママの娘ともいえるナマコが引き継ぎ、マスターが亡くなった際は自身がブラジルに行き、埋葬すると決めていました。

ラストはハッピーエンド。新の春の訪れ?

ラストはOLD JACK & ROSEの2階に住む事になった新。
マスターと開店前の仕込みを行っていた際に男性客がふらっと入ってきます。
開店前の為7時にまた絶対来ますとその男性客は帰っていきました。

その男性を一目見た新は大慌て。一目惚れしてしまったようです。

しかも外にいたマスターとその客がすれ違う時に「可愛かったなぁ」と。

そして7時に約束通り男性客が現れるでこの物語は終わります。

これから始まる新の恋を示唆するようなほっこりした終わり方ですね。
個人的には白浜さんとくっつくのかな?と思ってましたがまさかの新キャラとは笑

OLD JACK & ROSEはこれからも続いていきそうですね。

評価
熟女バーという設定ですが中身は移民問題や戦後の闇、また現代では東日本大震災の東北の今などセンシティブなテーマが盛り込まれた作品。
読んだ後自身の生き方など考えさせられるような1作。 89点

その女、ジルバのドラマ版はFODで配信中!

今なら無料で2週間お試しできます!ドラマを見逃した際はこちらで観れちゃいます!

登録はこちら!↓