映画

【映画】IT/イット “それ”が見えたら、終わり ホラーじゃなくて青春映画?元ネタは有名なあの殺人鬼? ネタバレあり感想、解説、考察 89点

Amzonより引用

作品解説

監督 アンディ・ムスキエティ
原作 スティーブン・キング
公開 2017年11月3日
上映時間 135分

あらすじ

とある田舎町で児童が行方不明になる事件が相次ぐ中、おとなしい少年ビルの弟が大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して姿をくらます。自分を責めるビルの前に突如現れた“それ”を目撃して以来、彼は神出鬼没、変幻自在の“それ”の恐怖に襲われる。彼と同じく“それ”に遭遇した人々とビルは手を組み、“それ”に立ち向かうが……。

シネマトゥデイより引用

キャスト

  • ビル・デンブロウ ジェイデン・リーバハー
  • ジョージー・デンブロウ ジャクソン・ロバート・スコット
  • ベン・ハンスコム ジェレミー・レイ・テイラー
  • リッチー・トージア フィン・ウォルフハード
  • ベバリー・マーシュ  ソフィア・リリス
  • スタンリー・ユリス ワイアット・オレフ
  • マイク・ハンロン チョーズン・ジェイコブス
  • エディ・カスプブラク ジャック・ディラン・グレイザー
  • ヘンリー・バワーズ ニコラス・ハミルトン
  • ペニーワイズ ビル・スカルスガルド

感想 解説 見どころ

今回はキャビン以来のホラー映画解説です!
個人的にホラー映画は苦手なのですが、今作はホラーと呼べるのか?
むしろ良作な青春映画的なものなんじゃないか?といった内容です。
原作者のスティーブン・キングスタンドバイミーも書いており、どこかノスタルジックで甘酸っぱい青春っぽさを感じますね。
そんな今作のイメージはスタンドバイミー+ホラー+ストレンジャーシングス-SF的な感じ。

原作は1986年に出版されたホラー小説「IT」を元にしており、1990年にも映画化されています。あとドラマ化もされていますね。
今作ではその映画のリブート的なもので時代設定も現代風にアレンジされており、舞台は1989年に変更されています。原作や旧映画版「IT」では1956年ごろでしたが今作では1989年に変更されています。
その為ラジカセやポップカルチャーなど現代の我々が見て懐かしい感じを醸し出させてくれます。

今作では大胆に2部作に分けており少年時代をしっかり丁寧に描写しています。
1990年版では1作に大人時代と少年時代を詰め込み過ぎて長尺+描写不足だった面が今作ではしっかり描かれており2部作に分けたのは英断だったと思います。

完結編はこちら!

それぞれのキャラクターと抱えるトラウマ、小学生でも容赦ない過酷な現実。

主人公達、負け犬(LOSERS)クラブの面々は全員小学校高学年の12~13歳といった年齢設定ですがそれぞれ結構重ためな背景を抱えてる子が多いです。

主人公ビルは弟を亡くし、原因は自分にあると自責の念に駆られ両親からは心のケアをしてもらえず孤独。
その為ITから執拗に弟の亡霊に彼を責めたて恐怖を煽られます。

マドンナ的存在のベバリーは実の父親から性的虐待を受け、かつ学校ではあばずれ、ビッチなどいわれのないレッテルを貼られいじめられている。
ちょうど月経が始まり身体も大人になっていく事と父からの束縛が続くことの恐怖があり、それを象徴するかのような浴室での血が噴き出し自身の女性性の象徴である髪の毛に束縛されるという彼女自身の恐怖を体現させ恐怖を煽られます。

太っちょ転校生のベンは慣れない土地で友達もおらず図書館に篭りっきり。
そんな中、この土地を知ろうとしてデリーの血塗られた歴史を知り、異常な歴史に戦慄します。
ITはそこに付け込み、過去にデリーで起きたイースター祭での爆発事故で亡くなった首の無い少年の姿で追い込みます。

スタンことスタンリーは敬虔なユダヤ教の家に生まれ厳粛な父の元、厳しい教えを守らなければいけない息苦しい生活。彼の恐怖は自宅にある不気味な女性の絵。
ITはそれに姿を変えスタンに迫ります。

マイクは家業である屠殺業に馴染めず、また火事で両親を失った事に対して自責の念を感じており、学校でも黒人と屠殺業を営む家出身という事もあり浮きがち。
火事の際に両親を救えなかったという自責の念により何度も火事で焼き殺される両親の幻を見させられます。

エディは過保護の親に縛られ異常に無菌的生活を強いられ母からの呪縛から逃れられずにいる。
異常なまでに病気や汚れを嫌う潔癖症。それを恐れる為、彼には梅毒患者のように鼻がそがれたゾンビのような浮浪者のモンスターが襲います。

リッチーだけはなんもないですね笑

旧映画版では登場する恐怖を体現するモンスターが狼男や半魚人など年代を感じさせるものですが、今作はガチで恐怖を煽ってきます。

それぞれ小学生が受け止めるにしては大きすぎる悩みを抱えてます。
特にベバリー。親父が性的虐待を行う変態クズです。
そのせいか他の同級生の少年たちよりもかなり大人びて見えますね。
ていうか発育良すぎ!笑

田舎町に似つかわしくない血塗られた歴史

今作の舞台になっている町はメイン州デリー、のどかな田舎町といった様子で一見平和な町に見えますが実はアメリカ全土で見ても他の町に比べて死者、行方不明者の数は6倍、そして特に子供の失踪が多いという暗い一面があり、そして27年おきに子供たちが行方不明になると言われている町です。
杜王町かよ!

また過去には差別主義者による虐殺やギャング団を住民による殺害、イースタ祭での爆発事故による大量の死者など羽生蛇村サイレントヒルかよっていうくらい呪われている感じです…

かつて入植した91人も謎の失踪という地味にいわくつきの町でした。

子供たちが地味にバイオレンスなのも風土的なもんなんですかね。
バワーズとか…
あいつの行動、普通に人殺しかねないだろ…

ペニーワイズという子供の恐怖を象徴するようなキャラ

今作での敵はペニーワイズというピエロの恰好をした子供を恐怖で追い込み食い殺すバケモノです。
見た目はいかにも不気味なピエロといった感じですね。

個人的には旧映画版のペニーワイズの方が不気味ですが…

IMDbより引用

今作でもめっちゃ怖いんですけどビジュアル的にも不気味さが減ってるかなーって感じです。
なんていうかCGっぽいていうか…

あと弱いんですよね。単純に笑
少年たちの団結と勇気によって対抗するという内容なんですが主人公達に対しては対してダメージを与える描写が少ないんです。
最終的には物理でボコられるし笑

なので余計に恐怖感がなくてスタンドバイミーのような青春映画っぽさが出ていいんですが。

モデルは実在した殺人鬼、ジョン・ゲイシーです。
こいつはちゃんと人間なんですがペニーワイズ以上に変態で狡猾な殺人鬼です。
殺人鬼のくせにビジネスで成功しチャリティー活動を行ったり地元の青年会でも会長候補と言われるまで完璧な仮面を持ちながら裏では子供を攫い、犯して殺すという悪行を重ねたド変態です。
有名なピエロの仮装をしたジョン・ゲイシーの写真も子供たちのためのチャリティー活動の一種として行っていた時のものです。

ゾゾゾ様より引用

本来ピエロは道化師、人を楽しませるものなんですが、なんとなく怖さがあるのが不思議ですねー。
なんとも言えない不気味さがあり、大人でも突然夜中に出くわしたら相当ビビるし。(そんなシュチュエーションあるのか?)

とにかく甘酸っぱい!恐怖よりも甘酸っぱい幼き頃の恋愛、友情

見た人は大体感じると思うんですが、ホラーとしても青春映画としてかなり良質なんですよね。
とにかく甘酸っぱい。

主人公たちは小学校6年生。まだまだ子供です。
ただなんとなく大人っぽい子もいればまだまだ子供らしさを残す微妙な時期。
思春期ほどではないけど異性が気になりだす頃。

今作のヒロイン、ベバリーはもうある意味完全に大人なんですが男の子たちは基本的に子供っぽさが残っています。(マイクは家庭環境のせいかちょっぴり大人)

とにかくベバリーが色気あり過ぎ。タバコ似合いすぎ。
でも男子たちの目線ではそんな不純な動機で見ていない澄んだ瞳。
湖に飛び込む場面ではベバリーの下着姿にドギマギしますが、大人のようないやらしい感じはなく甘酸っぱいね!惚れちゃうわ!
ただ純粋な恋愛感情だけがあるこの時期にしか味わえない甘酸っぱい初恋。
ノスタルジックを感じざるを得ないです。

また男子たちの友情もこの時期特有の空気感がたまらない。
少年時代の友情形成は精神医学的にも疑似恋愛的要素もあるそうですが、この辺の年代くらいから同性同士の友情と異性への恋愛感情に明確に分かれてくる頃でしょう。

そんな心と身体が移り変わりゆく一番甘酸っぱい年ごろを爽やかに描いた良作です!

ちなみに演者たちは作中の12~13歳と同じ年齢です!
マイクだけちょっと年上ですが…(確か15~16歳くらいだった気がする)
なのでベバリー役のソフィア・リリスはガチで13歳です…
他のキャラ達と実年齢はほぼ一緒なんです。
白人女性の発育の良さ半端ねぇ…
あとリッチー役のフィン・ウォルフハードは今作によく似たネットフィリックスオリジナル作品であるストレンジャーシングスのメインキャラ、マイクを演じてます。
同じような年齢の役なのにしっかり演じ分けてますので比較してみるとより楽しいかも。
個人的にはキャラとして好きなのは割と美少年なのにかなり下品なリッチーの方。
下ネタがド直球過ぎて笑える。

あうあう

ホラーとしてではなく、この時期にしか味わえなかった甘酸っぱい思い出を蘇らせてくれる素晴らしい青春映画!
ホラーが苦手で避けていた人は是非そんなに怖くないので見てみてください!
スタンドバイミーやストレンジャーシングスが刺さった人は特におすすめ! 89点

イット “それ”が見えたら、終わりを無料で観たい場合はU-NEXTがオススメ!
無料体験で貰えるポイントで観れちゃいます!

家で映画を観るならU-NEXTがおすすめです!
無料登録方法や注意点などはこちらで詳しく書いています!

U-NEXTがおすすめな理由!

見放題作品数 No.1!見放題作品 180,000本以上!洋画、邦画、アニメなどどれも他のVODに比べてそれぞれ最多の配信数!(2021年1月現在)

圧倒的な見放題作品量!ジャンルを問わず多くの作品を取り扱っているのであなたの見たい映画がきっと見つかる!

57万冊以上の電子書籍も配信!(マンガ30万冊、書籍23万冊、ライトノベル4万冊、2020年6月時点)80誌以上の雑誌が読み放題

映画などの作品だけはなく漫画や雑誌、ラノベも読み放題あり!タブレットやスマホでも読めます!

U-NEXTなら劇場公開から間もない最新映画や、テレビ放送中のドラマ/アニメなどの最新作も視聴することができます

他のVODサービスに比べて新作の配信スピードがかなり速いです!映画公開時に見逃した作品やレンタル待ちの作品などもいち早く視聴可能なことも!

毎月1,200円分のポイントが自動でチャージ!毎月1日に1,200円分のU-NEXTポイントが自動でチャージされます!チャージされたU-NEXTポイントは、ポイント作品の視聴や、電子書籍の購入などに使うことができます!

見放題以外にもレンタル作品もありますが、毎月1日に自動で付与される1,200円分のポイントを使用すればさらに見れる作品が増えます!しかも使わず余ったポイントは90日間なら繰り越し可能!

31日間の無料トライアル中!無料期間中に解約すれば解約金はかかりません!今すぐ無料トライアルするならこちら!↓
無料トライアルでは600円分のポイントゲット!

なお当記事は2020年1月8日の情報です。
動画配信サービスは流動的な為最新の情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください!

ABOUT ME
あうあう
映画、漫画などインドアでお金があまりかからないものが好き。 少ないお金で人生を豊かにするものを紹介していきます。 Follow @gablogme

コメントを残す