Yahoo映画より引用

作品解説

監督 アンディ・ムスキエティ
脚本
ゲイリー・ドーベルマン
原作
スティーヴン・キング
公開
2019年11月1日
上映時間
169分

あらすじ

デリーという田舎町に出没し子供たちの命を奪っていた正体不明のペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)を、ビルやベバリーらルーザーズ・クラブのメンバーたちが撃退してから27年後。再びデリーで不可解な連続児童失踪事件が起き、クラブのメンバーにデリーへ帰ってくるように促すメッセージが届く。そしてビル(ジェームズ・マカヴォイ)たちは、デリーに集結し久々に顔を合わせる。

シネマトゥデイより引用

キャスト(子供時代のキャストは前回記事にて)

  • ビル・デンブロウ ジェームズ・マカヴォイ
  • ベバリー・マーシュ ジェシカ・チャステイン
  • ベン・ハンスコム ジェイ・ライアン
  • リッチー・トージア ビル・ヘイダー
  • マイク・ハンロン イザイア・ムスタファ
  • エディ・カスプブラク ジェームズ・ランソン
  • スタンリー・ユリス アンディ・ビーン
  • ペニーワイズ ビル・スカルスガルド
  • ヘンリー・バワーズ ティーチ・グラント

感想 解説 見どころ

今回はITの後編、「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」について感想、解説などご紹介したいと思います!

前回の記事未読の方はこちらからどうぞ!↓

【映画】IT/イット “それ”が見えたら、終わり ホラーじゃなくて青春映画? ネタバレあり感想、解説 89点 | 画ブログ

とある田舎町で児童が行方不明になる事件が相次ぐ中、おとなしい少年ビルの弟が大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して姿をくらます。自分を責めるビルの前に突如現れた”それ”を目撃して以来、彼は神出鬼没、変幻自在の”それ”の恐怖に襲われる。彼と同じく”それ”に遭遇した人々とビルは手を組み、”それ”に立ち向かうが……。 シネマトゥデイより引用 ビル・デンブロウ ジェイデン・リーバハー …

今作は完結編という事で前回のキャラクター達が大人になってからのお話です!
なので青春映画というよりも大人になってからの友情を取り戻す姿を描いた作品になっています。

前回からの内容を踏まえつつ記事を書いていきたいと思います!

負け犬(ルーザーズ)クラブが勝ち組クラブに!

主人公達は大人になりそれぞれ町を出て成長した姿が見られます。
しかもほとんどのキャラクターが負け犬(ルーザーズ)どころかほとんど勝ち組セレブになっています!

ビルは有名な作家、脚本家になっており、女優と結婚し幸せな家庭を築き順風満帆。
作中では映画化された作品にも携わっており成功を治めた様子。
しかし有名になったのはいいが、バッドエンドが多く作品の終わり方が良くないとバッシングを食らっています。
恐らくスタンドバイミーと同様に原作者スティーブン・キング自身をモチーフにしているのでしょう。
キング作品もバッドエンドや後味の悪い終わり方も多いですし。

ベバリーもデザイナーと結婚し二人で立ち上げたアパレルブランドも順調な様子で豪邸に住んでいます。
しかし子供時代の影響か、父に似た束縛の激しく暴力的な男と結婚してしまったようです。

少年時代は気弱な太っちょ転校生だったベンはすっかり痩せて大手建設会社の若きイケメン社長として躍進中の様子。
しかし少年時代の初恋相手、ベバリーの事が忘れられないようですね。
せっかくイケメンセレブになったのにもったいない!

リッチーは少年時代からの持ち前の巧みな話術でスタンダップコメディアンとして有名になりました。地元の田舎町、デリーでもその名は知られているくらい有名人に!
しかし未だにペニーワイズの恐怖に駆られており、また前編では語られなかった彼自身の問題を抱えているようです…

エディはリスクアナリストとして大手保険会社などをクライアントに持つエリートに成長。
子供の時からあらゆるリスクに敏感だった彼にはぴったりですね。
大企業のクライアントを持つ為か生活もリッチな様子。
愛車はアメリカの大統領も移動の際に使用するキャデラックのエスカレード。(欲しい)

BBC.comより引用

しかし母親に似た束縛の激しい妻と結婚し大変そうな様子…

スタンことスタンリーは結婚し幸せな生活をおくっているいるようですがマイクからので連絡で…
私生活についてはあまり触れられていないですね。
しかし後に重大な事実が発覚します…

そして最後にマイク
彼は一人だけ地元デリーに残り、再び現れるかもしれないペニーワイズに対抗する為独自に活動していた様子。
彼だけが町を出ておらず勝ち組とは言えない雰囲気。
ただ彼がいなければ物語は始まらなかったでしょう。

謎の記憶喪失。そして徐々に蘇ってくる思い出。

マイク以外の面々は地元を出てそれぞれ成功し「今」に追われる多忙な生活。
悩みを抱えていたり仕事に熱中したり人それぞれです。
しかしそれら全員が不自然なほど地元デリーでの少年時代の記憶が無くなっていました。
というよりも忘れた事すら忘れていた様子

あれだけの体験と、絆を結んだかけがえのない友人達をすっかり忘れてしまっていたのです。

これらはペニーワイズに意図的に記憶を無くさせたか、もしくは単純に地元デリーを離れてしまったからか。
一体どちらなんでしょうか?

個人的にはどちらもあるかなと。
団結し唯一ペニーワイズを打ちのめしたルーザーズクラブの絆を分断させるために記憶を操作したというのと、ペニーワイズが古くから血塗られた歴史を作り上げた異常なデリーから離れる事ができたからという2点どっちもだと思います。

ただその割にはルーザーズクラブとまた対決したいという意思もあるようで不思議なジレンマを持っているようですね。もしかしたら27年後の闘いに備えて記憶を操作し、復活して分断に成功してから一人ずつ呼び寄せて殺すつもりだったのかも。

主人公達とは逆に、ペニーワイズにとっては待ちわびた27年後だったのかもしれません。

このITにかかわらずとも地元を離れてしばらく会わない友達って段々疎遠になり記憶からなくなっていってしまうというのはよくある事です。
前作で描かれたような美しい少年時代の思い出も時とともに忘れてしまう儚さを比喩しているとも感じます。
実際久しぶりに地元に帰って当時の友達と会うと色々と不思議な事に自身が忘れていた重大な出来事とか思い出したりしちゃいますもんね。

序盤のルーザーズクラブのメンバーがそろって近況を楽し気に話す所なんかは大人の青春って感じでグッときますね。好きなシーンです!

逆に怖かった出来事や嫌だった出来事も意外と現実でも無意識のうちに記憶の奥底にしまい込んでいることもありますが…

次のページからは核心部分についてのネタバレを含むので未視聴の方は注意!