yahoo映画より引用

作品解説

監督 デヴィッド・O・ラッセル
脚本 デヴィッド・O・ラッセル
原作 マシュー・クイック
公開 2013年2月22日
上映時間 122分

あらすじ

妻が浮気したことで心のバランスを保てなくなり、仕事も家庭も全て失ってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、近くに住んでいるティファニー(ジェニファー・ローレンス)と出会う。その型破りな行動と発言に戸惑うパットだったが、彼女も事故によって夫を亡くしており、その傷を癒やせないでいた。人生の希望を取り戻すためダンスコンテストに出ることを決めたティファニーは、半ば強制的にパットをパートナーに指名する。

シネマトゥデイより引用

キャスト

  • パット ブラッドリー・クーパー
  • ティファニー ジェニファー・ローレンス
  • パトリツィオ ロバート・デ・ニーロ
  • ドロレス ジャッキー・ウィーヴァー
  • ダニー クリス・タッカー
  • クリフ・パテル医師 アヌパム・カー
  • ジェイク シェー・ウィガム
  • ヴェロニカ ジュリア・スタイルズ
  • ニッキー ブレア・ビー

感想 解説 見どころ

今作は当サイトでは珍しいヒューマンドラマ系の映画を紹介したいと思います!

普段はカルト映画やバイオレンス映画などが多いので非常に新鮮でした。
ていうかロバート・デ・ニーロが出てる映画で有名だったので見てみました笑

今回はデニーロアプローチなどもせず、ある意味自然体のおじいさんって感じでしたね。

とても爽やかで鑑賞後の感じがいい映画でした。
早速見所などを紹介していきたいと思います!

メンタル病み系主人公。しかし周りも結構おかしいような…

主人公のパットは元々は高校で歴史科の教師でしたが、妻の浮気がきっかけで傷害事件を起こし精神病院に入院していました。
しかし過保護な母親が無理やり退院させて家に連れ帰ります。

きっかけは浮気現場を直接目撃し、相手をボコボコにぶちのめしてしまった為、裁判所から妻への接見禁止令を出されてしまった様です。

これ自体は精神病院にぶち込まれるほどの事なんでしょうか?笑
妻の浮気が原因だし、浮気相手や妻にも非はあると思うのですが…
しかも浮気相手は同じ歴史の教師っていう…

そんなことがあってもパットは妻ニッキーと復縁を強く願います。
頑なにニッキーに会いたいと願い、あらゆる手段を用いて会おうと頑張ります。
そこまでする価値がある妻なのか疑問。

ていうか妻に接見禁止令を出されて退院してからの方がおかしくなってないかと正直思う笑

退院してからのパットは躁うつ病と診断を受けており、テンションの上がり下がりが極端です。

夜中に急に興奮して両親を叩き起こしてヘミングウェイの小説について怒り出したり、結婚式のビデオが見つからなくてブチぎれたり大分躁状態が見られます。

また妻の浮気現場で流れていた曲がまさかの結婚式で使ったBGM、「マイ・シェリー・アモール」
それを聴くと浮気現場がフラッシュバックして取り乱したりします。

でも普通に考えて浮気している時に結婚式で使った思い出の曲をかける妻もどうかと思いますが…
そりゃトラウマにもなるし聴きたくはないだろ…

他にも過保護過ぎる母親や賭けアメフトに熱中し、ジンクスに囚われ過ぎる父親(デニーロ)など周りもちょっとおかしい気がしますね笑

ヒロインもだいぶおかしい… 超個性派ヒロイン、ティファニー

作中でパットは友人を通じてティファニーと出会います。
彼女も夫を事故で亡くしており精神的に病んでいて精神科に通院中の模様。

彼女の場合は夫の死のあまり性依存症気味で誰とでも関係を結んでしまっていました。
なんと職場では女性も含めて11人全員と関係を持ったとのこと笑

そんな彼女ですが、やはりパットと初対面の時も関係を持とうと誘ってきます。

しかしパットはどんなに妻から接見禁止令が出ていても妻帯者として振舞い誘いを断ります。

そんなパットに惹かれたティファニーは奇妙なまでに関心を持ちパットに接近していきます…

どこか足りない二人がお互いの足りない部分を補い合う

上で書いた通り、パットは妻ニッキーと復縁したいと奮闘します。

そのためにある条件を出されティファニーと会うようになります。

パットはひたすらニッキーの事しか気にかけません。
しかしティファニーは…

観ている方からするとかなりもどかしい展開が続きます!
パットってホントに鈍いんで笑

ただ心を痛めた二人が段々と前向きに歩みだす物語後半はとても観ていて感動します。
恐らく一人では立ち直れなかったであろう二人が足りないもの同士補っていくような展開。

パット一人でもティファニー一人でも立ち直る事は難しかったでしょう。

最後は家族も巻き込んで二人はどんどん信頼を深めていきます。
その描写も丁寧で笑えて感動できる展開になっているので鑑賞後の余韻がいい感じです。

一度人生につまずいてしまった人が再び歩き出すまで

本作の主人公とティファニーは普通に生活していただけなのに、周りに巻き込まれて人生をつまずいてしまいました。

そして一度つまずいてしまった人生を取り戻そう、補おうと必死に動きます。
しかし人一人ではなかなか立ち直れません。

特にメンタルというのは自分でも症状がわかりずらく客観的に自身を見つめる事が難しいからです。
誰かそばにいて支えてあげないと立ち直るのは難しいでしょう。

本作ではそんな人と人の繋がりの尊さなどを描いているのではないでしょうか?

ラストの主人公の選択は最善のものだったでしょう。

原題の意味は?プレイブックってなに?

今作の邦題は「世界にひとつのプレイブック」ですが、原題は「Silver Linings Playbook」です。

Silver Liningsの意味としては、希望の兆しや雲の裏面が太陽に照らされてキラキラしている様子など全体的にポジティブな意味合いです。

そしてPlaybookはアメフト用語で作戦集という意味です。

なので「Silver Linings Playbook」とは希望に向かう作戦とかそう意味でしょうね。

タイトルにプレイブックが入っているのですが、最後まで作品内でその用語が出てこなかったのでわかりにくいですね。
全編通してアメフトが関わってくる今作らしい意味でした。

最後に

個人的な感想ですが、今作はちょっと導入が長すぎて中だるみした感じがありましたね。

また主人公とティファニーの関係もストレート過ぎて意外性があまり感じられませんでした。

もう少し導入部などを軽くまとめて二人が立ち直っていく姿をもっと見たかったなと思います。
若干前半が退屈です。
またコメディ要素は英語圏の人じゃないとあまり楽しめないかも…

僕の英語力が低いせいかもしれませんが…

洋コメディって吹き替えでも字幕でもなかなか伝わらないから難しいですよねー

クリスタッカーとかめちゃめちゃコメディの印象強いですが、今作ではなんとも中途半端なキャラになってます。
そして久しぶりに見たら太ったなーと思いました笑

評価
いま一歩進み出せない人、立ち直れない人にオススメ!
人生において困難の乗り越え方などをコミカルに描いた名作! 76点

今作を無料で観たい方はU-NEXTがオススメ!
今なら無料体験で世界にひとつのプレイブックが観れます!

家で映画を観るならU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由!

見放題作品数 No.1!見放題作品 180,000本以上!洋画、邦画、アニメなどどれも他のVODに比べてそれぞれ最多の配信数!(2021年1月現在)

圧倒的な見放題作品量!ジャンルを問わず多くの作品を取り扱っているのであなたの見たい映画がきっと見つかる!

57万冊以上の電子書籍も配信!(マンガ30万冊、書籍23万冊、ライトノベル4万冊、2020年6月時点)80誌以上の雑誌が読み放題

映画などの作品だけはなく漫画や雑誌、ラノベも読み放題あり!タブレットやスマホでも読めます!

U-NEXTなら劇場公開から間もない最新映画や、テレビ放送中のドラマ/アニメなどの最新作も視聴することができます

他のVODサービスに比べて新作の配信スピードがかなり速いです!映画公開時に見逃した作品やレンタル待ちの作品などもいち早く視聴可能なことも!

毎月1,200円分のポイントが自動でチャージ!毎月1日に1,200円分のU-NEXTポイントが自動でチャージされます!チャージされたU-NEXTポイントは、ポイント作品の視聴や、電子書籍の購入などに使うことができます!

見放題以外にもレンタル作品もありますが、毎月1日に自動で付与される1,200円分のポイントを使用すればさらに見れる作品が増えます!しかも使わず余ったポイントは90日間なら繰り越し可能!

31日間の無料トライアル中!無料期間中に解約すれば解約金はかかりません!今すぐ無料トライアルするならこちら!↓
無料トライアルでは600円分のポイントゲット!

なお当記事は2020年1月18日の情報です。
動画配信サービスは流動的な為最新の情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください!