今回は久しぶりの【画期的なもの】ジャンルの記事を書いていこうと思います!

しかも今回は初の飲食系!
コカ・コーラ社が初めて販売するアルコール飲料、檸檬堂シリーズの鬼レモンをご紹介!

元々九州の地域限定商品(2018年5月発売)でしたがあまりの口コミと人気の高さの為全国販売(2019年10月28日)になり、今年の初めには需要に追い付けず品薄になったほどの名品!

文章でどこまで味を伝えられるか初めての試みですが、めっちゃくちゃ美味しいお酒なのでレビューを読んでもらって多くの人がこのレモンサワーと出会えれば幸いです!

外観

今回飲んだのは檸檬堂シリーズの中でも一番アルコール度数が高い鬼レモンです!
見た目からして鬼感が出てますね…

鬼が完全に喜んでます

檸檬堂は現在4シリーズ発売されおり、アルコールの度数が低い順に、はちみつレモン、定番レモン、塩レモン、そして今日レビューする鬼レモンがあります。

普段酎ハイは飲まないのでなんとなく手に取った鬼レモン。
アルコール度数9%でした!
レモン果汁がいっぱいなんだろうなーと思ってたらアルコール度数的にも鬼でした笑

普段ストロング系を飲むと結構悪酔いするので少し心配…

とりあえずグラスに注いでみた見た目。

プレモルについてきたグラス

炭酸の泡も相まってかなり搾りたてのレモン果汁のような見た目ですね。
実際鬼レモンにはレモン1.5個分のレモン果汁が入っているそうです!
ほかの酎ハイは意外と無色透明だったりで人工物感が結構ありますが、檸檬堂はレモン果汁そのままのような見た目ですね!美味しそう!

実際檸檬堂の公式ページによると、あらかじめお酒に、レモンを丸ごとすりおろしたものを漬け込む、「前割り製法」で作っているらしく、より搾りたてのフレッシュなレモン風味が味わえるそうです!

実際に飲んでみた!鬼レモンははたして鬼だったのか!?

実際に鬼レモン飲んでみました!

一口目からかなりのレモン感!だけど酸っぱいわけではない!
炭酸と合わさる事によってレモン独特の苦みや酸味がマイルドになっています!

アルコール度数が9%ということで普通の同度数帯のストロング系はどことなくアルコールを飲んでるな感が強いのですが、鬼レモンはその人工的なアルコール臭さがほとんどありません!

なんか爽やか…
甘酸っぱい…

って感じです笑。ただレモンのキリっとした酸味もしっかりあるいいバランスでした。
口内炎があったら確実に染みるレベル。

アルコール度数的に手が出ない人でも試してみる価値は大いにあり!
いい感じの居酒屋とかが手間暇掛けて作ったレモンサワーのような濃厚で爽やかな後味!
爽やかな喉ごしの為するする飲めてしまうので酔い過ぎに注意!

おススメの飲み方

やはりレモンサワーという事で合うのはもちろん揚げ物!

そしてある程度塩味が強いものがいい…

なので今回は冷凍ハッシュドポテトに岩塩とおろしたてのブラックペッパーをかけたものを用意しました!

黒いのは焦げではなくブラックペッパーです

やっぱり揚げ物にレモンサワーは鉄板!抜群の相性でした!
それから、個人的に良かったのは小さい皿に岩塩だけをおいて塩を舐めながら飲むアル中スタイルがかなりオススメ笑

未成年の飲酒と大人の悪い酔いにだけは注意して皆さんも味わってみてください!
Amazonでも取り扱っているので、近所に置いてない方は是非こちらからどうぞ↓

初めてのお酒レビューでしたが、ブログを書く口実に新しい酒を買えたりしていいものですね!笑
珍しいお酒からメジャーなお酒までどんどんレビューしていきたいと思います!
合わせてそのお酒に合うおつまみなんかも紹介したいですね!