yahoo映画より引用

作品解説

監督 ジョン・マクティアナン
脚本 
スティーヴン・E・デ・スーザ ジェブ・スチュアート
原作 
Nothing Lasts Forever(邦題:ダイハード)
公開 
1989年2月4日
上映時間
 131分

あらすじ

別居中の妻が務めるロサンゼルスのナカトミ・プラザのクリスマスパーティに招かれた、ニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事。 しかしそこで、保管されている「6億4千万ドルの無記名債権」を狙ったテロが発生します。運良くテロリストたちから逃れたマクレーンは、人質に取られている妻ホリーや他の人命を助けるべく、たった1人でテロリストたちとの戦いに挑むことになるのでした。

ciatrより引用

キャスト

  • ジョン・マクレーン ブルース・ウィリス
  • アル・パウエル レジナルド・ヴェルジョンソン
  • ハンス・グルーバー アラン・リックマン
  • ホリー・ジェネロ=マクレーン ボニー・ベデリア
  • アーガイル デヴロー・ホワイト
  • リチャード・ソーンバーグ ウィリアム・アザートン
  • エリス ハート・ボックナー
  • ドウェイン・ロビンソン ポール・グリーソン

感想 解説 見所

今回は12月という事でクリスマスにぴったりな映画を紹介したいと思います!

皆さんクリスマス映画といえばアレですよね!?

そう、ダイハードです!

Let it snow~♪Let it snow~♪Let it snow~♪とあのメロディを聞くと今年もダイハードの季節が来たなと感じますねー(1,2だけ!)

最も不運なタイミングで最も不運な場所に居合わせる最も不運で簡単には死なない男、ジョン・マクレーンがクリスマスにとんでもない事件に巻き込まれるという風物詩的な映画です!(1,2だけ!)

映画好きな方はホームアローンナイトメア・ビフォア・クリスマスシザーハンズよりも断然こっちっていう方が多いのではないでしょうか?

もうすぐクリスマスによりダイハードを楽しめるように復習もかねてご紹介、解説していきたいと思います!

アクション映画の新ジャンルを生み出した!隔離された空間の圧倒的不利な立場からの手に汗握る展開!マッチョなアクション映画ではなくクレバーな心理戦。

今作の舞台は、地上40階建てビル、ナカトミプラザ。
クリスマスを祝うパーティ中にテロリストの襲撃に合ってしまいます。
主人公ジョン・マクレーンはたまたま妻が務めていた会社のビルに居たため不運な事に事件に巻き込まれ、隔絶された閉鎖空間で大人数のテロリストを相手に戦う事になります。

当時のアクション映画ではランボーコマンドーのようなムキムキマッチョなヒーローが悪者を正面からどんどん倒すといったアメリカンマッチョ志向の映画が大多数でした。

しかし今作では、ゴリゴリのマッチョが活躍するのではなく、不利な状況の主人公が根性と知恵を絞って戦うという新しいスタイルの映画になっています。

また舞台を地上40階建てのビルにする事で閉鎖空間を作り出し、敵との心理戦や、見つかるかどうかのスリルなどを演出しています。
これも画期的なもので後の作品たちにも影響を与えたそうです。
なので隔離された場所での作品を〇〇でのダイハードという風に表現ができたくらい斬新なシュチュエーションでした。

主人公を演じるブルース・ウィリスもゴリゴリマッチョって感じじゃないですよね。
しかし今作の大ヒットにより一躍ハリウッドスターとなり有名俳優になりました。

映画だけではなく、ゲームなどの他ジャンルに与えた影響もあり、あの有名なメタルギアソリッドシリーズもこの隔絶された空間での一対多数の攻防のダイハードにインスピレーションを得たとのこと。

たしかにMGS1は特にダイハードっぽいですよね。
主人公が一人で敵地に侵入し、無線で外部から協力を得ながら敵と戦うというそっくりなシチュエーション。
あとはもろにそのまんまなダイナマイト刑事とか笑

とにかく後にフォロワー的作品ができるくらい画期的な映画だったのです!

巧妙なプロット、鮮やかな伏線回収。

最初のシーンは飛行機の中、マクレーンの隣の乗客との何気ないやり取りが後に裸足で戦う羽目になる伏線になっていたり、エリスが自慢していたロレックスの時計が最後のシーンで使われてたり、またオフィスに伏せられていた写真によりマクレーンの正体がばれたり、別居中の妻が旧姓を名乗っていた事、パウエルのトラウマなど細かい伏線が数多くあり、かなり考えられた素晴らしい脚本です。

特にラストのパウエルの自身のトラウマを乗り越えてマクレーンを救う所なんか最高ですよね。
ほんの数時間ですが二人はもう相棒って感じ
同じ画面に映るのは最後だけですが、無線を通じて連携する事でバディものの映画のような感じです。

このように新ジャンルでなおかつ質の高い脚本も相まって大ヒットしたのでしょうね。

魅力的な主人公。マクレーンの皮肉が最高!そして声優はどれが一番?

ダイハードといえばマクレーンの愚痴や敵役とのやりとりも見逃せません!
クールでニヒルな一面や冗談をいうようなコメディタッチな姿、また覚悟を決めて危険に立ち向かう勇敢さ。

肉体的に特別な点がなくても持ち前の根性と知恵で敵と立ち向かうのがめちゃめちゃカッコいいですね。
特にハンスとの無線でのやり取りはどちらもいい味だしています!

個人的には「イッピカイエー…、ざまぁみろ!」の時のやり取りとラストの敵と笑い合うシーンが好きです。
しかし吹き替えによって微妙にセリフが違っており、上記が野沢那智版、「イッピカイエー!じゃあな!」樋浦勉版「てやんでぇ!あったりめぇよ!」村野武範版ですね。
村野版はかなりべらんめぇ口調です笑

僕は完全にテレビ朝日放送の日曜洋画劇場版、野沢那智さんの声が一番好きですね。
一番慣れ親しんでる声ですね。セリフ回しや叫び声なども野沢さんのが一番しっくりきます。

通常レンタルや一般販売のDVD、各種VODでの吹き替えは樋浦勉さんが当てていますね。
こちらも硬派でいいのですが、身体に馴染むのは野沢那智版ですねー。
権利上の関係で野沢さんのマクレーン見る事は難しいです。

今現在地上波で放送してくれない限り野沢那智版を見る事はできません。

ただし一個だけ野沢那智版で見る方法があります!
それは吹替の帝王シリーズ版のダイハードのBDを買う!
商品リンクはこちら↓

値段は張りますが、なんと3種類の吹き替えを収録した日本語吹き替え完全版です!
野沢版、樋浦版、村野版完全収録です!(一部テレビ版でカットされてるシーンは英語音声になります)
しかも豪華、3種類の吹き替えの台本がついてきます!笑

セリフの違いなどがよくわかるので見ていると楽しいですね!

ナカトミビルは実在する!?その他小ネタや原作との違いなど!

日系企業のナカトミプラザ、作中では爆破されたり派手に壊された印象の強い建物ですがなんとこれは20世紀FOXのフォックスプラザという実際に存在するビルです!

撮影の為とはいえ、ここまで派手に使わせてくれるなんて太っ腹ですね!
原作では日系企業ではなくアメリカ国内の石油企業だったのですが、当時はバブル経済真っ只中の日本の煽りを受け日系企業にしたそうです。

ダイハードMEGA-BOXというBDセットでは、このナカトミプラザの1/400のフィギュアが付属します!
欲しい人いるのか…?笑 リンクはこちらにあるので欲しい人は見てみてください笑

また原作では主人公のジョンはもう少し年齢が高い設定、初老の男性でしたが、主役をブルース・ウィリスに据えた為、年齢設定を若くしたそうです。
当初は原作に合わせてクリントイーストウッドアルパチーノにオファーを出したのですが、断られた為ブルース・ウィリスが抜擢されたようです!
今ではブルース・ウィリスが演じるマクレーンしか想像できないですね…

ここでマクレーン役をやっていなければ、のちのパルプフィクションにも出てなかったかもしれないと思うとゾッとします…

また金庫破りプロ、テオが最後のロックを外し中をのぞく際に流れるBGMは第九
さらに鼻歌で「雨に歌えば」です。
映画好きの方はお気づきでしょうが、これはスタンリー・キューブリック作品の時計仕掛けのオレンジのオマージュですね。

ラストシーンのハンスが落ちるシーンのトリビアも有名ですね。
落ちる瞬間の驚きの顔が印象的ですが、あれは演技ではなくガチでびっくりしています。
なぜならハンス役のアラン・リックマンは監督から3カウントで落とすと言われていたのに、実際にはカウント1で落とされた為本当にびっくりしています笑
なのであんなにリアルな驚きの顔を撮れたんです。

こんな抜群の演技だったアラン・リックマンでしたがなんと映画は初出演!
めちゃめちゃ演技力高いですよね!マクレーンと偶然出会った時に英語の訛りを変えたのもアラン・リックマンのアドリブだそうです。初出演なのに凄い機転…
後にハリーポッターでスネイプ先生を演じているのも皆さん意外と知らないかも。
全然見た目違いますからね。

最後に

今回紹介したのはダイハード1ですが僕は2も好きです。
ただ3以降は1にあった良さがだいぶ無くなっています。
なので今回のクリスマス映画としては今作とダイハード2ですね。
皆さんもクリスマスに備える場合は1と2を用意しましょう!
できれば野沢那智版を見れる吹替の帝王版を買いましょう!

評価
アクション映画の在り方を変えた名作。後のフォロワーの多さが名作の証!
ブルース・ウィリスの出世作!毎年クリスマスに見ても色あせない魅力たっぷりの映画!
93点

今回は季節ものの映画を紹介しました!
今後も季節にあった映画なんかを集めてランキングとか作ってみたいですね。
夏にオススメの映画なんかをランキングで作りたいです。

家で映画を観るならU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由!

見放題作品数 No.1!見放題作品 180,000本以上!洋画、邦画、アニメなどどれも他のVODに比べてそれぞれ最多の配信数!(2020年12月現在)

圧倒的な見放題作品量!ジャンルを問わず多くの作品を取り扱っているのであなたの見たい映画がきっと見るかる!

57万冊以上の電子書籍も配信!(マンガ30万冊、書籍23万冊、ライトノベル4万冊、2020年6月時点)80誌以上の雑誌が読み放題

映画などの作品だけはなく漫画や雑誌、ラノベも読み放題あり!タブレットやスマホでも読めます!

U-NEXTなら劇場公開から間もない最新映画や、テレビ放送中のドラマ/アニメなどの最新作も視聴することができます

他のVODサービスに比べて新作の配信スピードがかなり速いです!映画公開時に見逃した作品やレンタル待ちの作品などもいち早く視聴可能なことも!

毎月1,200円分のポイントが自動でチャージ!毎月1日に1,200円分のU-NEXTポイントが自動でチャージされます!チャージされたU-NEXTポイントは、ポイント作品の視聴や、電子書籍の購入などに使うことができます!

見放題以外にもレンタル作品もありますが、毎月1日に自動で付与される1,200円分のポイントを使用すればさらに見れる作品が増えます!しかも使わず余ったポイントは90日間なら繰り越し可能!

31日間の無料トライアル中!無料期間中に解約すれば解約金はかかりません!今すぐ無料トライアルするならこちら!↓
無料トライアルでは600円分のポイント