映画

【映画】シティーハンター 新宿プライベートアイズ ファンサービス全開!感涙もの!解説、ネタバレ、劇中歌の紹介など!100点

Amazon商品ページより引用

作品解説

監督 こだま兼嗣
脚本 加藤陽一
原作 北条司
公開 2019年2月8日
上映時間 95分

あらすじ

裏社会ナンバーワンの腕をもつシティーハンター冴羽獠は、普段は新宿に事務所を構え、相棒の槇村香と様々な依頼を受けている。
そこに、何者かに襲われたモデル・進藤亜衣がボディーガードを依頼にやってきた。
美女の依頼を快諾した獠だが、撮影スタジオで更衣室を覗いたり、もっこり全開のやりたい放題…。
亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT企業の社長・御国真司は、なんと香の幼馴染。
撮影現場で久々に香と再会した御国は彼女をデートに誘う。
しかし、獠は香に無関心で亜衣にスケベ心丸出し…。
一方、海坊主と美樹は傭兵が新宿に集結する、という情報を入手した。そして、傭兵達は何故か亜衣を狙うのだった…
敵の正体を探る冴子が直面する巨大な陰謀!
来日する大物武器商人・ヴィンス・イングラードと最新兵器――
御国の登場により、すれ違う獠と香。
シティーハンターは亜衣と新宿を護りぬくことができるのか!?

公式サイトから引用

キャスト

  • 冴羽獠 神谷明
  • 槇村香 伊倉一恵
  • 海坊主 玄田哲章
  • 美樹 小山茉美
  • 進藤亜衣 飯豊まりえ
  • 御国真司 山寺宏一
  • ヴィンス 大塚芳忠
  • 来生瞳、来生泪 戸田恵子(一人二役)
  • 来生愛 坂本千夏

感想 解説 見どころ

今回は劇場版シティーハンター 新宿プライベートアイズについてレビューしていきたいと思います!

原作のシティーハンターがかなり大好きなので、まさかの劇場版作成決定に狂喜乱舞していました!
久しぶりに公開が待ち遠しい作品でしたね!

結果期待していた以上の作品でしたね…

マジで最高でした…
劇場で実際に初めて見た時、普段奥さんと二人で見に行く事がほとんどなのですが今作はしっかり集中して観たいので一人でレイトショーで観ました笑

オープニングから泣いてしまった作品は初めてです…
恥ずかしいから一人で行って良かった笑

音楽が最高!歴代アニメ主題歌や挿入歌がいたるところに!

シティーハンターと言えば音楽ですよね!
エンディングで使われたTM NETWORKさんのGet Wildは特に有名ですが、今作では他にも熱い曲が盛り沢山です!

なんの前情報もなく観に行ったのですが、まさかのオープニングシーンから曲がPSY・SAngel night~天使のいる場所~の時点でもう泣きました笑

アニメ版の曲で一番好きな曲だったのですが、まさか劇場で聞けるなんて1㎜も思わなかったのでびっくりしすぎて泣いちゃいました笑
2019年の公開の映画なのに!

他にもいっぱい作中の挿入歌として各種OPやEDが使われています!

劇中でびっくりしたのが小室哲哉さんのRUNNING TO HORIZONがサラっと流れた所ですね。
ほんとなんでもない序盤のモデル撮影シーンの裏でひっそりと流れたんですよ笑

音量もかなり控え目で笑

これもかなり好きな曲だったのでほんとひっそりだけど使われているのが超嬉しかったです…
まさかこの曲が再び世に出るなんて思わないですよね笑
だって小室哲哉本人のボーカルですよ!?笑
お世辞にも上手いとは言えないのですが、なんだか癖になる歌声でAngel nightと共にウォークマンに入れてよく聞いていたので感動しました…

他には中盤の亜衣の父親との回想シーンでSTILL LOVE HERが一度流れるのですが、まさかのインストなんですよ。
うわ、まじかー。
ボーカルなしはもったいないなーと思っていたらエンドロールでちゃんとボーカル入りで再度流れるんですよね。マジ最高。

この回想シーンでインストにするかしないかは制作陣の方でもかなり悩んだそうです。
最初はボーカル付きで歌詞に合わせたシーンを入れようとしてたみたいですが、どうしても絵と歌詞がぶつかってしまう為インストにしたそうです。

他にはパチスロでよく聞いたゴーゴーヘブンとかも良かったですね。
作中では獠がストリップしているシーンで使われてましたね。

御国を倒す時の愛よ消えないでの入りも完璧でした。

OPやEDだけではなくアニメ挿入歌も使われてました!
有名なFOOTSTEPSなんか終盤の戦闘シーンで使われていましたね。

そしてエンディング入りはもちろんGet Wild。
止めて引く。
完璧な終わり方ですね。これ以外ありません。

安定のオリジナルキャスト。ゲストキャラの声優も豪華絢爛!

音楽は上記の通り完璧でした!

次に気になるのは演じる声優さんですよね!
こういう古くから愛されてるアニメ作品はキャストが非常に重要です。
主要キャラの声優さんを変えた作品なんかは目も当てられないです…

しかし今作ではしっかりオリジナルキャスト!
大御所や大ベテランの方達が勢揃いです!

主役の冴羽獠はもちろん神谷さん!
海坊主も玄田さん!こういう所を外さない所が重要なんですよ!

大分前にシティーハンターのパチンコが出ましたが、残念ながら声優が変わっていて大変違和感がありました。
そのあとに出た保留8個まで入る方のCRシティーハンターはオリジナルキャストかつ演出も最高でしたので死ぬほど打った記憶があります。
しかも導入初日に4万発くらい出て演出も良いのが全部見れたのでガチで泣きながら発撃ちしました笑

ちょっと前に出たスロットシティーハンターではちゃんとオリジナルキャストで安心して打てました笑
台としてはかなり辛目でしたが…
フリーズ引いてたらたぶん泣いてた笑

映画の話に戻れば今作のゲスト声優さんも豪華です!

今回の敵役では御国を演じる山寺さんヴィンスを演じる大塚芳忠さんなどかなり豪華!
地味にアニメ初登場の教授は茶風林さん、あとはゴールデン街のおでん屋のおっさんが矢尾一樹さん
めちゃめちゃ豪華ですよね!
地味にチュートリアルの徳井さんも出てます笑

今作のメインヒロイン、亜衣役の飯豊まりえさんは声優が本職ではなく女優やファッションモデルさんですが、全然違和感なかったです!

むしろ芸能人枠のゲスト声優のうち、徳井さんのほかに誰が居るんだろう?と思ったくらいです。

にしてもメインヒロインを本職の声優さんにしないなんてかなり冒険だったのではないでしょうか。
見事期待に応えた感じですねー。

ストーリーは王道中の王道。安心して観られるいつものシティーハンター。

今作もいつも通り新宿が舞台です。
ストーリーもシティーハンターではおなじみの美人がボディーガードの依頼、実は巨悪の組織に狙われていて獠と香が助け出し悪を裁くようないつもの流れ。そしてしっかり依頼人の悩みを解決してあげる安心のアフターケア。

しかしまさかのサプライズでキャッツアイの3人が出てくるとは思わなかったです!
ちょい役ですがしっかりと出番があり、なにも知らなかったのでかなりびっくりしました。

北条司先生の作品でこんなクロスマッチなんかないですもんね。
これには大分驚かされました。

ストーリー自体は上記の通りでいつものシティーハンターです。
変に奇をてらったりしない所がわかっていますね。
制作陣のシティーハンター愛が溢れる作品です。

もちろんシナリオやキャラ設定などは原作者の北条先生も協力したとのこと。

2019年の現代に合わせたいつものシティーハンターとして最高傑作でしょう!

入念なロケハンによって作り上げられた2019年の新宿

今作では現代の2019年にシティーハンターの面々が居たらというif的な設定の為、実際の新宿を大分入念に作り上げたようです。

DVDのコメンテータリーでもかなりの回数で新宿のロケハンを行ったと言っていました。
新宿駅や駅前はもちろん、ゴールデン街や歌舞伎町、神社まで実在の新宿にあるものを劇中に登場させています。

新宿御苑は銃撃や爆撃があるので流石に名前を新宿遊園にしたそうです笑
微妙に細部も変えているみたいですね。
他には孤島や上海を闘いの舞台にする案もあったそうですが、最後まで新宿に拘ろうとの事で架空の新宿御苑を使ったそうです。

ファンなら間違いなく感動するエンディングロール。僕は劇場で泣きました笑

エンディングの入りはもちろんGet Wildです!
今作でもアニメ版のように止め画から引いてGet Wildが流れるといういつもの間違いないパターン。

王道ですね…
王道こそ最高…

しかもアニメ版の映像を入れたエンディングです。
アスファルト!タイヤを傷つけながら~♪の部分もアニメ版っぽい映像に。

そして問題はエンドロール中のアニメ版の名シーンが挿入されているカット。
最高すぎるでしょ…

1話から5話まで。この時点でも槇村兄の最後のシーンが出ているのですが、これは制作陣がどうしても槇村を出したいとの事でこのアイディアを思いついたらしいです。

そして一番最高なのはアニメ版2期の50話「さらばハードボイルド・シティー」が挿入されたという事です!
このチョイスで涙腺崩壊でした…笑

エンドロールの為セリフはないのですが、もう映像だけで蘇ります!

「いいさ、撃てよ。お前が元に戻らないのなら生きていてもしょうがない」
そして抱きしめ「お前を泣かす男が今はお前を…」からのキスシーン…

アニメオリジナルの話で当初2期の最終話の予定だったのですが、まさかの最終話ではなくなったという神回…

いつ見ても泣けるこのシーンを入れてくれた制作陣の皆さまには感謝しかありません…
映画館でボロボロ泣きました笑

そのあとの3期の11話の「クリスマスにウェディングドレスを…」もいいチョイスですね。

本作中でも香がひょんなことからウェディングドレス姿を披露し、それだけでもファンとしては凄く嬉しいのですが、さらに最後のシーンで獠のセリフ、「俺にとっちゃいつも変わんねぇよ、綺麗なもんも、一番大事なものも…」のセリフに繋がるんですよ…
そしてGet Wild。最高過ぎるだろ…

そしてSTILL LOVE HER。
これでまた泣きました笑
現代の新宿の写真とそこに映る獠と香。

ウェディングドレスといい、現代の新宿に獠と香が一緒に居るってだけで泣ける…
特に続編のエンジェルハートを見ているとより泣けます…

この映画を観に来た人はシティーハンターの大ファンのはずで、当然エンジェルハートも読んでいるはずなので絶対泣けると思う。

最後に

結局ストーリーにほとんど触れずにレビューが終わってしまいました笑

ストーリーはもちろん王道で最高なのですが、なにより制作陣のシティーハンター愛、ファンサービスが最高な映画です!

シティーハンター好きなら絶対満足する映画です!
原作が好きなら絶対見るべき!

めちゃめちゃオススメです!

ちなみに余談ですが、獠が持ってる一発回数券、あの一発って文字、獠役の神谷さんが書いた直筆のものだそうです笑
妙な所に拘りが感じられますね笑

あうあう

原作愛に満ち溢れすぎのファンサービス全開な一作!!
原作が好き、アニメ版も好き、という方は是非見るべき!
逆に原作もアニメも見た事ない人はどうなんだろう?観に来るかな?
とりあえず原作見てる人なら最高な映画 100点

シティーハンターが好きすぎて力が入り過ぎちゃったので変な記事になってないか心配です…

とにかく最高。
ブログの記事だけでは表現しきれない…
シティーハンター好きな人が近くに居るのであれば一緒に見るといいかもしれないですね。

残念ながら僕の周りにはいないんですよ…
北条司先生のサイン会とかも一人で行ったし…

この記事を読んでシティーハンター好きな人は是非Twitterなどで絡んでください笑

ABOUT ME
あうあう
映画、漫画などインドアでお金があまりかからないものが好き。 少ないお金で人生を豊かにするものを紹介していきます。 Follow @gablogme

コメントを残す