映画

【映画】ザ・ファブル 殺し屋の非日常の中の日常 人気漫画の実写映画化!主演岡田准一のアクションあり!原作との違いなど解説! 無料視聴あり 70点

作品解説

監督 江口カン
脚本 渡辺雄介
原作 「ザ・ファブル」南勝久
公開 2019年6月21日
上映時間 123分

あらすじ

標的を6秒以内に仕留める圧倒的な腕前から裏社会で恐れられる殺し屋、通称ファブル(岡田准一)は、ボス(佐藤浩市)から「殺し屋を1年間休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」というミッションを命じられる。1人でも殺したら処分されるという条件のもと、佐藤アキラという偽名を使い相棒のヨウコ(木村文乃)と兄と妹という設定で、生まれて初めて普通の生活をすることになる。

シネマトゥデイより引用

キャスト

  • 佐藤明 / ファブル 岡田准一
  • 佐藤洋子 木村文乃
  • 清水岬 山本美月
  • フード 福士蒼汰
  • 小島 柳楽優弥
  • 砂川 向井理
  • コード 木村了
  • クロ 井之脇海
  • 貝沼悦司 好井まさお
  • バーのマスター 六角精児
  • 鉄板焼き屋の店長 モロ師岡
  • 河合ユウキ 藤森慎吾
  • ジャッカル富岡 宮川大輔
  • 田高田 佐藤二朗
  • 海老原 安田顕
  • ボス 佐藤浩市

感想 解説 見どころ

今回は漫画原作の映画を久しぶりにご紹介します!

ヤンマガで連載していた南勝久先生のザ・ファブルが実写映画になりました!
南先生といえば大阪の環状族を描いたナニワトモワレで有名ですが、今作の原作ファブルも非常に人気な作品です!

殺し屋を題材にした今作ですが、裏社会のドロドロした所などはそこまで出ておらず、むしろハートフル(?)な内容に感じる一作。

漫画では独特の間やシュールなコメディ要素がありましたが果たして実写化によってその辺がうまく表現できているかが気になる所ですね!

特に主人公、ファブルこと佐藤明を演じる岡田准一さんの演技が非常に重要となっています!

最強の殺し屋の日常と非日常

裏社会でまことしやかに語られる最強の殺し屋、ファブル
どんなターゲットでも痕跡を残さず暗殺してしまう凄腕の殺し屋で半ば都市伝説と化している存在です。

そんなファブルが組織のボスの命令により、1年間一般人として過ごすというのがこの物語の主幹になっています。

殺し屋の日常は普通の人にとって非日常ですが、殺し屋にとっては普通に生活する事が非日常。
ファブルは一般人として溶け込めるのか。

超一流の殺しのプロのファブルですが、プロとして指令を受け、一般人を全うする事ができるのかが見所です!

ファブルこと佐藤明。

一般社会に溶け込む為、ファブルと呼ばれる殺し屋は佐藤明という偽名を名乗り普通の生活を過ごす事になります。

その際、パートナーである組織のドライバーである女性も一緒に佐藤明の妹として佐藤洋子を名乗り兄弟として普通の生活を送ります。

佐藤明は殺し屋としては超一流ですが、一般常識については5歳児並みの事しかわかりません。
暗殺に長ける代わりにそれ以外の部分が欠如している天才。作中では一種のサヴァン症候群なのではと言われています。(サヴァン症候群は神懸かり的な才能を持つがそれ以外の部分で欠落している)

敬語や食事の仕方など細かい所で一般人離れしていますが、社会に溶け込み人に触れる事で徐々に自身が常識からかけ離れているかを認識していく姿は非常に可愛らしく、コメディ調になっていますね。

彼は凄腕の殺し屋ですが、快楽殺人鬼や冷酷な処刑人ではないのです。
プロとして仕事を全うしますが、その中に悪意はありません。

そんな彼は1年間普通に暮らすため人を殺さないという誓いを立てます。

ファブルの驚異的な身体能力!岡田准一自ら演じる迫力のアクションシーン!

上記の通り、ファブルは超一流の殺し屋であり、そのスキルと身体能力はかなり常識離れしています。

序盤のシーンでは料亭で会合を開くヤクザたちを、単身乗り込み鮮やかな手腕で淡々と皆殺しにしていきます。
それも銃一丁で何人も群がるヤクザたちを的確に急所を撃ち抜き倒していきます。

中には一発の銃弾で二人殺すという離れ業まで使っています!

このシーンでは相手の狙う部位が文字と線によって表現されており、超一流の殺し屋視点での大立ち回りを見る事ができ斬新でしたね。

また終盤ではごみ処理場に忍び込む際は素手であっという間に壁を登り中に忍び込むといった超人的な力を発揮します。

これらのアクションはボーンアイデンティティなどを手掛けたファイトコレオグラファー(殺陣師のようなもの)のアラン・フィグラルツが監修しており、よりリアルで迫力あるアクションシーンを見る事ができます!

また岡田准一さん本人もファイトコレオグラファーとして参加しており、一部自分で考案し演じているというから驚きですね!

和製ジャッキーチェンのようなアクション俳優としても超一流!
一対多で行われるガンアクションのシーンなどリベリオンガンカタみたいでカッコいいです笑

イメージ通りのキャストとそうでないキャストの差が激しい…

アクションに関してはかなり迫力があり非常にレベルの高いんですが全体的に原作漫画のイメージとは異なり過ぎるキャストが多すぎます…

特に主人公佐藤明が1年間一般人として溶け込む為、仮の住まいを提供してくれる真黒組の面々が酷すぎる…

まず安田顕さん演じる海老原。演技はあれとしても見た目のイメージなど全然違いますね。
コメディ色を出すためかと思いますがもっと迫力がある俳優さんの方がよかったのでは?

また今作で悪役として登場する真黒組の幹部、向井理さん演じる砂川と、柳楽優弥さん演じるムショあがりの小島の二人が特に酷い。

まずそもそも砂川は原作では禿げたオッサンだし、小島ももっとリアルに狂暴で悪いヤクザなんですが、今作実写版だとイケメンと小物感全開の小悪党になっちゃってます。

とにかく全体的に若すぎる印象。
もっとVシネみたいな面々でやってほしかったなと思いました。
あとフードコードも若過ぎるしキャラが軽すぎる。
あの二人もプロとしてのプライドを持って生きていたのに映画では快楽殺人者のようなキャラ付けに…

この辺はキャストを豪華にして宣伝効果を得るためだと思いますがどうしても原作との剥離を感じざるを得ません。
コメディ色が少し強すぎたのかな?
全体的に軽い感じ。
ディストラクションベイビーズの柳楽さんは良かったんだけどなー…
ディストラクションベイビーズの記事はこちら!

原作ではシュールな笑いがありますが映画では若干滑ってる感が強いですね。
アクションシーンでは非常にいい演技をしていた岡田准一さんですがコメディシーンではかなり体当たりの演技を見せてくれますがイケメン過ぎてちょっと違うかな。

特に佐藤明が自らの心のスイッチを切り替えるために変顔しておでこをツンツンする描写があるんですが、原作ではシリアスなシーンに唐突に挟まれるコメディ的要素のあるシーンとして笑いを生み出すギミックなんですが本作ではなぜか最初以外変顔しません。
むしろ後半ではカッコいいシーンとして使われます。

映画的に盛り上げるシーンなのでシリアスを貫いたと思うんですが、そこで変顔を入れるのがファブルの魅力なのに改変してしまう事に違和感を感じました。

逆に木村文乃さん演じる洋子はかなり原作のイメージまんまでした!
今作ではあまり活躍する事はないんですがしっかり原作のイメージを崩さずによくできていると思います。
あと宮川大輔さん演じるジャッカル富岡。見た目完コピですよ笑

ただ持ちギャグである、「なんで俺もやねーん」が連呼するギャグになっていたのはダメ。
あれは「なんでも俺もやねーん(エコー)」というふうにしないと原作のイメージとは異なりますね。
を怖がらせないようにファブルがこのギャグを披露するんですがこれだとちょっと違うなと。

全体的にかっこよくし過ぎているかな?原作にはない心理描写やライバルの存在

なんか全体的にかっこよくしようとしている感が強いんですよね。
アクションはどんどんかっこよくしていいんですが、顔はイケメンだらけじゃない方がよかった…
もっとヤクザヤクザして欲しかったですね。
それこそ三池崇史監督作品みたいな感じ
あの人漫画原作映画いっぱいやってたのでファブルやったら良さそうなんだけどなー。

主演の岡田准一さんはもちろんご存じの通り超イケメンですよね。
でもそれだと原作のファブルのイメージとは違うと感じます。

ファブルはもっと見た目は一見普通の一般人だけど実は凄腕の殺し屋っていう所が魅力なんですが、あんなイケメンだと普通感がないんですよ。
もっと垂れ目で地味な感じだけど動くと超カッコいいみたいな人にした方がよかった気がします。

あとボスとの回想シーン。あれも蛇足ですね。
原作ではボスと佐藤明の絆を描くみたいなシーンはないんですが、本作ではガッツリあります。
もう堂々とボスが「俺の許可なく死ぬな」とか言っちゃうんですけどこれもイメージを壊してしまう要因かと。

いい話にしよう感が少し鼻につきます。
もっと組織的にはドライな感じだけど、密かにボスは明に一般人として生きて欲しい親心を海老原だけに見せるくらいの原作通りの感じで良かったと思いますが…

あとはファブルの実力の見せ方に不満があります。
まず序盤の戦闘シーンでは、大立ち回りの中最小限の動きで機械的にバンバン殺していくのはいいんですが、うっかり敵のスマホで写真を撮られてしまうという痛恨のミスをしてしまいます。

完全無敵の超一流の殺し屋ファブルがこんなミスをするはずがありません。
あろうことかその写真が敵の手に渡るなんて事はありえない。
ストーリー展開的にも写真の必要性はそこまで感じないのでマジでいらない要素だと思います。

もう一つの不満点として、フードごときに苦戦するファブルの描写。

ファブルの魅力は先ほどの通り圧倒的な実力。一対多だとしても散歩するが如く淡々と敵を倒していくのがカッコいい要素なんですが後半では結構押され気味…

特にフードとの対決にはかなり互角の戦いをしており、負傷までしています。
原作では一瞬で片づけて圧倒的な力の差を見せつけるファブルですが、フードとの闘いにこんなに力を入れるのは違う気がしますね。

どんな事態になっても一切動揺せず余裕で切り抜けるファブルが見たかった…
まぁ映画的にしょうがないんでしょうが…

ファブルはAmazonプライムビデオで見放題で配信中です!

まだAmazonプライム会員ではない方は30日間無料体験キャンペーンがオススメです!
登録はこちらから↓

あうあう

邦画随一のアクションシーン!
主演の岡田准一さんの体当たりな殺陣が見所!
若干原作のイメージとは異なりますが見て損はない作品です! 70点 

ABOUT ME
あうあう
映画、漫画などインドアでお金があまりかからないものが好き。 少ないお金で人生を豊かにするものを紹介していきます。 Follow @gablogme

コメントを残す