映画

【映画】フォルトゥナの瞳 無料視聴あり 葵はなぜ言わなかった? 原作との違いは? 正直あんまり面白くない… ネタバレ感想解説 50点

Yahoo映画より引用

作品解説

監督 三木孝浩
脚本 坂口理子 三木孝浩
原作 百田尚樹 『フォルトゥナの瞳』
公開 2019年2月15日
上映時間 111分

あらすじ

幼いころに飛行機事故で家族を亡くした木山慎一郎(神木隆之介)は、仕事一筋に生きてきた。しかし、死が近い人が透けて見えることに気付いた彼は、自らの不思議な力に悩む。ある日、慎一郎は明るく率直な女性・桐生葵(有村架純)と出会い、二人は付き合い始めるが、葵の体が透けてくる。

シネマトゥデイより引用

キャスト

  • 木山慎一郎 神木隆之介
  • 桐生葵 有村架純
  • 金田大輝 志尊淳
  • 宇津井和幸 DAIGO
  • 植松真理子 松井愛莉
  • 黒川武雄 北村有起哉
  • 遠藤美津子 斉藤由貴
  • 遠藤哲也 時任三郎

感想 解説 見どころ

もしかしたら初めてかもしれない邦画ラブストーリーレビューです!

正直かなり苦手なジャンルなので普段は全然観ない映画ですねー

今回は妻がどうしても観たいという事で視聴させていただきました。

まぁ案の定あまり面白くなかったです…笑

観たがっていた妻も正直つまらなかったと…笑

原作は百田直樹先生の同名小説らしいんですが読んだことはありませんでした。
ただ結構原作から改変されているようですね。

後半ではその辺もまとめていきたいと思います。

では早速レビューしていきます!
なお後半はネタバレを含むのでご注意を!

未視聴の方はU-NEXTで今なら無料体験を利用して観れるので是非!

フォルトゥナの瞳はU-NEXTで配信中!
31日間の無料体験で今すぐ視聴できます!

\ 簡単無料登録! /

『フォルトゥナの瞳』を今すぐU-NEXTで見よう!

\ 31日間の無料期間内に解約すればお金はかかりません! /

死が近い人が透けて見えるフォルトゥナの瞳

神木隆之介演じる主人公木山慎一郎は幼少期の飛行機事故から生き延びた事を切っ掛けにある時から死が訪れる直前の人が透けて見えるという特殊能力に目覚めます。

作中では昔から結構見えてたってわけではなく最近よく見え始めたって感じですね。

しかも死の近さの度合いによって透け方も変わって見える感じです。

これ街中で生活してたら結構透けて見える人に遭遇しそうですよね。

満員電車内で周りの人がみんな透明とかだったらマジで絶望しそう笑

というかこの目があればそんな状況で電車を降りて助かるという選択もできるわけです。

この映画での肝となる『選択』ですね。

本作ではこの主人公の選択が非常に重要になっていきます。

助けるという選択肢

なんかちょっと気づくのすげー早かったけど木山は透けて見える人の意味を理解します。
実際これ気が付くのってかなり難しいと思うんですが偶然目の前で人が死んだことによって気が付きます。

そんな中たまたま携帯ショップで出会った可愛い店員が透けちゃってます。
つまり近々死ぬ運命なんですね。
これが有村架純演じる桐生葵との出会いでした。

木山は幼少期の飛行機事故から他人に興味もなく楽しみもない仕事に打ち込むだけの日々を送っていました。
そんな中、死が近づいている人を知る事ができる能力を手に入れましたが当然何もアクションをとる事はありませんでした。

しかし木山はこの葵を見逃す事はできず、助けるという選択をします。

出会いは運命的だとしても助けるという選択を選んだのは木山です。
これはフォルトゥナの瞳がなければ知り合う事はできなかったでしょう。

ここから先はネタバレ感想なのでご注意!

人は朝起きてから夜寝るまで、9000回何かを選択している

やっぱりこの映画のテーマって選択ですよね。

これは映画だけの話ではなく作中で言われている通り人生は選択の連続だと。

この物語として成立する為に『フォルトゥナの瞳』と言われる人の死が見える能力があるわけで実際に私たちは知らない所で日々選択をしているわけですよ。

作中ではフォルトゥナの瞳のおかげで可視化されて選択肢が提示されているわけです。

木山は映画の中で様々な選択を迫られます。

まず時系列でいう所の最初の選択。
同じ職場で働く松井愛莉演じる植松に対する選択。

彼女はDAIGO演じる宇津井に騙されて風俗堕ちという悲惨な結末を迎えます。

しかしこの時はフォルトゥナの瞳の関与はありません。
生き死にに関わる話ではないですからね(ある意味死ぬほど絶望的なオチですが…)

次に葵と出会いフォルトゥナの瞳の意味を知り、明確に自らの意思を持って葵を救う決断をします。

結果二人は運命的な出会いを果たし付き合う事ができ幸せをつかみます。

次は働いているガレージの社長、時任三郎演じる遠藤をクビになった同僚の志尊淳演じる金田から命を救います。
飛行機事故で天涯孤独の身になった木山を親代わりになって面倒を見てくれた遠藤を救う事ができました。

しかしここで木山は謎の発作により倒れ病院に運ばれます。

その病院で北村有起哉演じる医師、黒川と出会います。
黒川はなんと木山と同じくフォルトゥナの瞳を持つものでした。

彼によって人の運命を変えると自分に帰ってきてしまい、いつか死んでしまうと言われてしまいます。
ここで初めてフォルトゥナの瞳のデメリットを知るわけですね。

そして次は宇津井に対する選択です。

かつての同僚植松を風俗に陥れた宇津井が再び木山の前に現れました。
身体が透けた状態で。

木山はフォルトゥナの瞳の力を理解していたのでもうすぐ宇津井が死ぬことがわかっていながら見殺しにしてしまいます。

個人的には全然後悔する事ないと思うんですが木山は宇津井が死んでしまった事で強く後悔してしまいます。
この宇津井ってやつが本当にどうしようもない奴なんですよ笑

全然死んでもいいだろって奴なんですよねー

そしてラストの選択について。

なぜこうなってしまったのか?

最後の選択は再び葵の死についてです。

葵と付き合い幸せな生活を送っていた木山ですが再び葵に死の兆候が表れてしまいます。

どうやら原因を探ってみると、葵が朝の出勤時に乗っている電車が恐らく事故を起こして死んでしまうというのが発覚しました。

木山は最終的に自分の命を犠牲にして葵と電車の乗客を救います。
その結果自身は死んでしまうとわかっていながらです。

そして衝撃の事実がありました。
それは葵もフォルトゥナの瞳を持っていたという事です。

葵は葵で木山が透けて見える事によって木山の死を予感していたのでした。
その為せっかく木山が嘘の沖縄旅行の誘いをしたのですが木山の死の原因が沖縄旅行と思いドタキャンしてしまいます。

ここで疑問があります。

なぜ葵は木山に自身がフォルトゥナの瞳を持っている事を喋らなかったのか?

もしそれを木山が知っていれば結末は変わっていたかもしれません。
2人ともお互いを知っていれば木山は自身の命を懸けて運命を変えなくても葵は生き残る事ができたでしょう。

恐らく葵は自身がフォルトゥナの瞳を持っている事を知られると、今まで人の死に関して見殺しにしてきた事を木山に知られる事を恐れたのではないでしょうか?

フォルトゥナの瞳を持つものは人の命を救う事ができる力を持っています。
自身の寿命と引き換えにですが。

葵は自身の命が惜しい為見殺しにしている事実を知られたくなかったのだと思います。

木山に惹かれたのも人の命を見捨てられないその優しさに惹かれたと言っていました。

その為事実を話す事ができなかった為最後の悲劇に繋がってしまいました。

普通に考えたら朝電車に乗ろうとした時にみんな透明だったら絶対事故が起きるってわかるじゃないですか。
そしたら木山がなんもしなくても自分で葵は危機回避できたはずです。

本来だったら簡単に回避できる事故でしたが2人が知り合ってしまったが故にどうにもならなくなってしまったのではないでしょうか。

原作改変について

多くの感想で問題になっている原作改変について。

この映画ではかなり物語の根幹に関わる部分で改変されています。

まずは細かい所から。

まず木山の幼少期の悲劇が飛行機事故ではなく火事であり、両親の他に妹も死んでいた点。
これは葵との運命的な繋がりを強調する為でしょう。

次に宇津井の死。
原作では宇津井は死なないようです。
これは良改変。

マジで糞野郎だから死んでOK。
しかも木山が人を見殺しにすることを苦しむ切っ掛けになっているので必要なシーンだったと思います。

あとは指輪。
原作では指輪は盗まれており葵の元に行くことはありませんでした。

映画ではラストにちゃんと葵の元に渡っていますね。
盗まれるだけに登場するのはちょっと意味がわからないのでこれも自然な改変で良いですね。

あと原作では黒川が死にます。
特に誰かを助けたとかそういうのは明かされずただ死んだことだけが明示されます。
まぁ本筋には関係しないので尺の関係もありカットしても問題ない要素でしょう。

あれ?
これだけ見ると映画の改変は結構いい線いってるんじゃないでしょうか?

しかし最大の賛否両論改変があります…

それはラストの展開。

原作では葵は事故が起こる予定の電車に乗っていません!!

つまり葵の死と木山の死は全然関係のないものになっています。
ここ超重要な要素ですよね!?

まさかここが改変されていたものとは…

これに関しては正直良改変とは言えないんではないでしょうか。

原作では電車事故を防いで知らない人達を救うか見殺しにして葵と幸せな生活を続けるかの2択です。

しかし映画では葵が電車に乗ってしまっているので葵+電車の乗客を救うしか道がありません。

愛するものの為に他を犠牲にするかどうかという選択を映画では奪ってしまっているんですよ!

せっかくこの映画のテーマは何度も選択だと示しているにも関わらず最後は一択って!

これじゃあただの愛する人の為に死を選んだお涙頂戴映画になってしまっています…

同じ自己犠牲でも原作では葵は関わらない所で行っているのに対して映画では葵を守る為とより個人的な願望が主になっているんですよ。

これでは魅力半減ですよ。
愛する人との人生よりも人を見殺しにできないという使命感により命を落とすのと好きな人の為に死ぬでは全然メッセージ性が違いますよね。

これのおかげでありきたりな恋人が死ぬ映画になってしまっています。

正直つまらないと思いました…

この改変の為なのか後半の展開が全体的に雑に感じるんですよね。
警官に追われる件も本当に必要だったのかとか。

また電車を止めるだけであればもっと他にやりようがあっただろうとか。

感動的なシーンを撮る為だけに改変してしまい結果的に全体が微妙になってしまった悪い例に感じます。

せっかく神木君の演技とかなかなか良かったのに残念な出来に…

まとめ

今作ではラブストーリーというよりも人の運命に関わる、選択肢が提示されるという見えないものを見えるようにした所が面白さだと思うんですがそこが上手くストーリーに練り込むことができていなかったかなと思います。

正直あまりもらって嬉しくない種類の特殊能力ですがもし自分がフォルトゥナの瞳を持っていたとしたらと考えてしまいますね。

自身で意識していない所で人の運命を変えているかもしれません。
逆に何気ない他人の影響により自身の運命も大きく変化しているかもしれません。

たらればを語ってしまう事も多いですが案外選択肢は見えていない方が幸せかもしれませんね。
この映画を観てそんな風に少し思ってしまいました。

日々後悔の無い選択をしたいと思います。

あうあう

最近の邦画でよく言われる低いクオリティーのストーリー展開。
設定は面白いので物語ももう少し面白くできたのではないか。
悪い意味での邦画らしい邦画になってしまった印象… 50点

フォルトゥナの瞳はU-NEXTで配信中!
31日間の無料体験で今すぐ視聴できます!

\ 簡単無料登録! /

『フォルトゥナの瞳』を今すぐU-NEXTで見よう!

\ 31日間の無料期間内に解約すればお金はかかりません! /

家で映画を観るならU-NEXTがおすすめです!
無料登録方法や注意点などはこちらで詳しく書いています!

U-NEXTがおすすめな理由!

見放題作品数 No.1!見放題作品 180,000本以上!洋画、邦画、アニメなどどれも他のVODに比べてそれぞれ最多の配信数!(2021年1月現在)

圧倒的な見放題作品量!ジャンルを問わず多くの作品を取り扱っているのであなたの見たい映画がきっと見つかる!

57万冊以上の電子書籍も配信!(マンガ30万冊、書籍23万冊、ライトノベル4万冊、2020年6月時点)80誌以上の雑誌が読み放題

映画などの作品だけはなく漫画や雑誌、ラノベも読み放題あり!タブレットやスマホでも読めます!

U-NEXTなら劇場公開から間もない最新映画や、テレビ放送中のドラマ/アニメなどの最新作も視聴することができます

他のVODサービスに比べて新作の配信スピードがかなり速いです!映画公開時に見逃した作品やレンタル待ちの作品などもいち早く視聴可能なことも!

毎月1,200円分のポイントが自動でチャージ!毎月1日に1,200円分のU-NEXTポイントが自動でチャージされます!チャージされたU-NEXTポイントは、ポイント作品の視聴や、電子書籍の購入などに使うことができます!

見放題以外にもレンタル作品もありますが、毎月1日に自動で付与される1,200円分のポイントを使用すればさらに見れる作品が増えます!しかも使わず余ったポイントは90日間なら繰り越し可能!

31日間の無料トライアル中!無料期間中に解約すれば解約金はかかりません!今すぐ無料トライアルするならこちら!↓
無料トライアルでは600円分のポイントゲット!

なお当記事は2021年9月14日の情報です。
動画配信サービスは流動的な為最新の情報はU-NEXT公式サイトにてご確認ください!

ABOUT ME
あうあう
映画、漫画などインドアでお金があまりかからないものが好き。 少ないお金で人生を豊かにするものを紹介していきます。 Follow @gablogme

コメントを残す